【海外の反応】トランプ米大統領が中国に追加関税。海外「米国民はもう税を払いたくないんだ」

トランプ大統領は8月1日、現時点で制裁関税の対象となっていない中国からの輸入品3000億ドルに10%の追加関税を課すと発表しました。

1913年にアメリカ合衆国憲法修正第16条が可決されるまで連邦政府の資金を集める方法は関税を通じてだった。これは(アメリカ合衆国の成立から)120年以上の間、国税庁がなかったってことに等しい(訳注:つまり国税庁は必要ない、と主張したいのだと思われます)。

アメリカ合衆国憲法修正第16条が批准される前は、人によって異なる所得税額を課すことができず、収入に関わらず国民全員がほぼ一律の所得税額を払っていました。結果として起こる貧富の差の拡大と、第一次世界大戦の戦費調達の必要性から、これは修正第16条によって是正されました。そしてこの修正まで、アメリカの政府財源はぼぼ諸外国との貿易関税に頼っていました。そもそも所得税という考え方自体が歴史的には新しいものです。アメリカ独立戦争のきっかけがボストン茶会事件、すなわち関税をめぐる論争である通り、当時は政府の主要な財源は関税なのが当たり前でした。

でも、君は1913年の頃にも2019年と同じように関税を払ってたと思うんだけど。

で、アメリカはそれで上手くいったじゃないか。

廃止されるべきは国税庁だよ。移民税関捜査局じゃなくて。

連邦政府がまず廃止されるべき。民間団体だし、連邦政府の権力は国税庁と取引をするよりも財務省に返されるべきだ。

あのさあ。おまえら、関税は基本的にアメリカ市民と企業に対する別の種類の税金だってことわかってるよね?

中国はアメリカの選挙の結果が出るのを待ちたいんだ・・・トランプは彼らが早く行動するようにプレッシャーをかけてる。

なるほど。

俺らの敵(中国)は民主党が政権を取ってほしいんだ。それで完璧に意味が通る。

それ、あと5年は待ち続けるハメになるぞ・・・・

俺らの敵じゃなくて、友達(同盟国)も民主党が政権を取ることを望んでるんじゃないかな。

私たちの選挙でまた中国共産主義が邪魔しそうだな。

「中国はおそらく2020年の選挙で私が負けることを祈ってるだろう。そしたら別の無能の奴がアメリカ大統領になるからな。」ドナルド・ジョン・トランプ

あなたはまさしく私の大統領だ。アメリカとトランプ大統領に神のご加護がありますように。アメリカを再び偉大にしよう、2020年に!

「俺は素晴らしいほど泣き言を言う人間だ。勝つまですすり泣いて泣き言を言う」ドナルド・ジョン・トランプ

アメリカを偉大にするには、アメリカ産のいいものを買うことから始まる。

最低賃金は上がらないし、医療保険も上がってる。アメリカ国民の誰もがこれ以上お金を出したくないんじゃないかって思う。

ウォールマートで買い物するのやめろよ、負け犬達が。

10%なんて意味ないよ。それでも他の国の関税よりずっと低い。

小さいことから初めて圧力をかけるんだ。

少数派ですが、アメリカにはアメリカ合衆国憲法修正第16条は憲法違反であり、所得税の課税は法的な根拠がないと主張する人たちが古くから存在します。彼らは「課税の為であっても、国家が個人の収入を詳細まで把握するのは憲法違反だ」という信条があるそうです。