【韓国の反応】高畑勲監督作品「火垂るの墓」を見た韓国人の反応「韓国は永遠にアニメで日本を越えられない」

ジブリの名作「火垂るの墓」について解説している動画です。ちなみに火垂るの墓は2005年に韓国で公開される予定でしたが、対日感情の悪化を考慮して無期限延期になり、2014年にやっと公開されました。

ホント、被害を被るのは、いつも下層の無実の庶民なんだよなあ。

一般市民が戦争を支持しなかっただって?

これ子供の頃に見たけど、いまだにトラウマ…

ホタルの墓で美化しようとしてるけど、明らかに加害者は日本だ。被害者であり自分も知らないうち加害者になったのは一般市民。そして被害者だと明らかに言えるのは日本ではなく日本が侵略した国だ。

製作の意図は分からないけど、植民地支配で苦しんだ韓国の立場から見ると、君逹も戦争のために苦しかったかもしれないけど私達も苦しかったと言われているようで、私はお前を殴ったが私の拳も痛かったと言われているようで…ジブリ作品は全て愛着があるけど、これだけは何度見ても好きになれない。

節子が一人で遊ぶ場面が本当に悲しい…節子が川に映る自分とジャンケンするシーンで涙が止まらなかった…

やたらにプライドを持ち空しく死んだ子供の姿は、無謀な自尊心で戦争を起こし、最終的に自国民を含めて、アジアの多くの国に被害を与えた日本の姿を投影している。

日本の少数支配層の侵略文化と、それに素直に従う被支配層の従順文化を理解することが必要。

日本がアメリカを挑発していなかったら…

映画を見てみたら、米軍を批判する内容は1つもなくて、ただ2人の人生を追っている。

高畑監督は日本共産党の支持者で、日本共産党は日本植民地時代に朝鮮と台湾などを独立させてやろうとした政党というのが皮肉…

日本では左派と非難され、韓国では右翼と非難され…

このアニメーションは戦争による子供の悲しみを表現したのだろうか、日帝時代の自己正当化のために表現したのだろうか。

戦争によってこのようになる、という事を見せたかったのでは?

戦争の被害は民間人が受ける。

この映画、韓国ではクリスマスに、日本では8月15日に、毎年放送してくれたら良い。

この映画は被害者コスプレだ。

反戦映画ではなく右翼映画です!最初から最後まで私達は被害者だと言い張っている!

これは右翼ではなく、日本の愚かな思想が最終的に1人の小さな女の子の命も守る事ができなかったという事を批判した作品ではないの?

アジアの半分を死と恐怖に陥れたのはお前達だが、その対価はお前達の子供が払った。あまりにも悲しい。二度と誤った判断をしないでくれ。

内容は悲しい日本軍の自業自得だ。日本軍が先に挑発していなかったら…その挑発のために可哀想な罪のない人々が死んだ。

私達はいつになったら、このようなアニメを作れるようになるの?永遠にアニメは日本を超えられないような気がする。