【海外の反応】日本の寿司職人の1日。職人の言葉に感銘を受ける外国人たちの反応

今では寿司は世界中に広まる日本食の代表ですが、日本の寿司職人の1日ってどのようなものなのでしょうか。寿司を作り続けて20年の職人、阿部望に密着しました。

最初、彼が8:30に起きるって聞いていい仕事だな笑って思ったけど、夜中の2時にうちへ帰るって聞いてごめんってなんた・・・。

何時に起きるかは仕事の大変さには関係ないよ。5時に起きてファストフード店で働くのは9時に起きてこういう仕事をするより簡単だろうし。

それ思った!彼の人生で自由時間ってないんだね。朝の準備する1時間だけ。

週7日働いてないけどね。

彼は仕事が好きだから、やらなきゃいけなんじゃなくてやる、だってそれだけ好きだから。

彼は彼がやってることが大好きなんだからそれで十分なんじゃない。

退職したら時間ができるよ。リラックスできるんだから心配無用。

彼のお客さんに対するお辞儀の仕方は、日本がどれだけお客様のことを大事にしてるかってことを示してる。冗談抜きで。

数ヶ月前に東京を発つとき、グラントスタッフが飛行機がゲートを出るまでずっとお辞儀しててくれた。お辞儀は彼らにとってとても大事なものなんだね。

あんなに敬意を持って扱われるんだったら、死んで食べられてもいい。

あんた大丈夫か?笑

サタンが喜ぶぞ。

9:09「僕らの仕事はゴールがない仕事だと思うので、こうやったら正解とか、ない。」

9:53「みんなの思いがある以上本当にやるしかない、そういう気持ちでいっぱい。」

名言だよ。

悲しいと思う。

彼は目的よりも人生の冒険が大切なんだね。

俺は目的の方が冒険より大事だけど。

彼は自由時間なしで毎日を生きてる。

もしかしたらそのように生きたいのかもしれないよ。やりたいことでいっぱいの人生。

アメリカ人:見たことあるスキンヘッドの日本人男性

ワンパンマン!

アジア人はみんな似てるからね。

マジで似てない?

10:15「それを見た瞬間に毎晩終わったなってホッとするな。と同時にまた明日みたいな。そう言った気持ちがすごいあります。」

この人は寿司職人なの?格言の先生なの?自分のベストを尽くそうってインスピレーションを受けた。

「料理を提供してお客様の笑顔を見た時が一番僕らにとって嬉しいことですね。」心が溶けちゃうね。

自分:彼は25歳くらいに見えるな。

彼:20年間寿司を作り続けている。

自分:マジか

5歳の時から作ってるんじゃね?

彼は35歳だって。

アジア人はみんな実際より若く見えるね。アジア人に惚れたことあるけど彼女は6個上だった。

とてもいい動画だ。

食事をしている時の音楽がいいね。

彼がすることの愛の多さに泣きそうになった。とても素敵!

彼は絶対寿司の修道士だと思う。

この人みたいに僕たちも毎日ベストを尽くすべきだよね!

彼のお店には8脚しか椅子がない・・・ってことは客はみんな大金はたいてるんだ。

1日16人だよ!2回転目が終わるのが11:30だからその時が閉店時間!

一人300ドル(約3万円)。

値段調べてたところだった。高いけど、安いのなら一人175ドル(約1万8千円)。何が違うのかわからないけど。

毎日睡眠5時間ってよくないよ。

客が歩いて行ってしまってても彼らに頭を下げてる。敬意!

日本の文化と立ち振る舞い。

マジかよ、録画してるってわかったからじゃなくて?

カメラがなくても同じことをするよ。客が角を曲がるまでお辞儀をすることは普通だよ。私はいつも振り返って、中に入ってって言う。このサイトはわかりやすいと思う。

https://www.tsunagujapan.com/7-mysterious-japanese-customs/

カメラのためってなんでわかるの?

日本の伝統的なレストランではよくあることだよ。

なんのためにお辞儀するの?わかんないんだけど。

客に来てくれた感謝の気持ちを表すため。