YouTube 海外の反応 相談・雑談

【海外の反応】日本の驚くべき屋台料理に海外「これタイじゃね?」

投稿日:2019年6月14日 更新日:

日本のクレープやアイスロールを作っている屋台を紹介している動画です。「日本の」といって紹介していますが実際はタイのようです。その動画を見た海外の反応を紹介します。

これタイだよ。日本じゃない。

ふざけんなよ。

ね!これは絶対タイだよ!

聞こえてくる言葉がタイ語だもんね。笑

これ日本のクレープじゃないよ。

ね。タイだよこれ。。

これ日本の食べ物じゃない。

君は日本人?

ううん。中国人だよ。

これはタイだね。

カレーも日本の食べ物ではないよ。

わお!アイスクリームロールはおいしそうだね!

最後のやつは完璧だね。

日本で見たことのない食べ物だ。

そりゃそうだよ。日本じゃないんだから。笑

最初のクレープは焦げているようにみえるね。

クレープは焦げてるし乾いちゃってるじゃん。

少しずつ歳を取っていくみたいだね。笑。

わお!すごいね。

おお!アイスクリームロールはシンプルにすごいね!

これはタイの屋台料理だよ。知ってるでしょ?僕はタイ人だよ。

彼らが作った奴は欲しくない。。

動画に説明があったらいいのに。私たちが見たのはマヨネーズとオレオ?

ちょっと鉄が削れてると思うんだよね。それでも食べるけど。

ここのみんなが言っているようにこれは日本じゃなくてタイだよ。タイトルどうなってんの。

これは健康に悪そうだね

デザートとしては最高だよ。

最後のやつはタイ?

最初から最後までタイ。

インドではドサって呼ばれてるやつだね。

これから動画を見る人たちにアドバイス。おなかが減っている時に見てはいけないよ。

これのどこを見て日本だと思ったの??

間違ったタイトルをつけないでよ。これは日本のものじゃないし、動画のすべてを見ても日本語は聞こえなかった。

どうやってつくるかがわかってよかった。フィリピンから。

これはタイで日本じゃないよ。最低限のリサーチはして。

Japaneseってつければ再生数が稼げると思ってる?

インドのドサみたいだね!

私は料理をするのが大好き。いつかこの料理も試してみたいな。

▼ 他の海外の反応ニュースはこちら ▼

海外の反応アンテナ

管理人へのご意見などはこちらからどうぞ






-YouTube, 海外の反応, 相談・雑談

執筆者:


  1. 匿名 より:

    すげえうまそう
    日本でもやってくれ

  2. 匿名 より:

    そもそもこいつのチャンネル見る限り中華圏まわりしかやってないし
    アメリカ在住の中国系民のフードチャンネルと思われ

  3. ななし より:

    ロールアイスは良さげ(キャンディは要らないけど)

  4. 匿名 より:

    食ったら腹壊しそう…

  5. 匿名 より:

    汚そう…
    不味そう…

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【海外の反応】ドクター中松(91)、独特すぎるこだわりが海外にも紹介されてしまう

3500以上の特許を持つ91歳の発明家ことドクター中松が、黄金の部屋に入る、ベートーベンの第5番を聞く、自分が発明した防水メモを持って水の中に潜るなど、独特過ぎるこだわりを本人が紹介しています。海外の反応をお届けします。

【海外の反応】インテル提供:日韓関係を解説する動画、双方から「不正確」「嘘」と言われる事態に

こちらはインテルにより提供されているYoutubeチャンネル「NowThis World」による「なぜ韓国は日本を嫌うのか?」を解説したビデオになります。ですが解説の内容に関しては日韓双方から異論があるようです。

【韓国の反応】韓国人「ワンダーウーマン描いてみた」写真のような高クオリティのイラストに韓国人びっくり

韓国の掲示板、DCインサイドのHITギャラリーで話題になっていた、韓国人によるワンダーウーマンのイラストです。制作過程も含めて動画になっています。

【海外の反応】外国人が広島を訪問。被爆者に敬意を払う「過去を語り継ぐ気配りに感謝する」

広島に原爆が投下されて今年で74年になりました。広島は1945年8月6日に原爆を落とされ、すべてが変わりました。外国人が実際に原爆落下中心地を回った様子をご覧ください。

【海外の反応】韓国人解説、日本の植民地政策とその影響を解説する動画に海外論争

このビデオでは、日本の日韓併合時代の歴史を振り返っています。韓国サイバー大学(Cyber University of Korea)制作によるビデオなので、主に韓国側の視点による内容となっていますが、このビデオで語られている「歴史的事実」をめぐって、コメント欄では論争が起きていました。




海外の反応アンテナ
海外の反応アンテナ