YouTube 歴史と教養 海外の反応

【海外の反応】心理表現の一種?日本の「病みかわいい」カルチャーに外国人議論

投稿日:

引用元:こちら

「病みかわいい」を海外大手ファッションメディアが特集

原宿系ファッションの『ゆめかわいい(夢のようにかわいい)』の派生ジャンルである『病みかわいい』。程よく病んでおり、程よくかわいいことを両立させることを目指すこのファッションは、極めてユニークなサブカルチャーとして海外からも注目を集めているようです。
今回はなんと、月間5億人以上のユーザーを誇るアメリカのファッションメディア、Refinery29が『病みかわいい』ファッションを取材しました。記者はまず原宿で「病みかわいい」ファッションを自ら体験。さらに「病みかわいい」ムーブメントを生み出した江崎びす子氏を取材し、その発端となった『メンヘラチャン』の生まれた背景などを明らかにしていきます。最後に記者による以下のコメントで締めくくられます。
「アメリカでは、他者に対し愛情を求めることはそれほど良いことではないとされています。日本では、それは許容されているのです。普通のことであり、『かわいい』なのです。特に、何か自己愛が傷つけられるような時に、他者に助けを求めるのはとても勇敢な行動だと言えます。そしてそれこそが『病みかわいい』なのです」
この動画に対する海外の反応をお送りします。

Hanayo(訳注:動画に登場する元ファッションモデル。今は病みかわいいファッションに身を包み「時々自殺したくなる」と語ります)の夫が彼女を自殺未遂から救おうとして(十分なサポートシステムがないせいで)気にかけていること、夫が彼女が猫を愛していることを知っていて、猫でいっぱいの店にわざわざ時間をかけて連れて行ってくれることを考えると、涙が出るね。誰かが彼女は愛されているし、大切な存在だと言うべきなんだ。彼女がもしアメリカに居たらちゃんと立ち直っていたと思う。もし彼女が自傷したら、彼女の夫は悲しむだろうしね。

自分は助けを得られず、社会的にも敬遠されているアメリカの人々をたくさん知ってる。アメリカを美化するのはやめるんだ。

申し訳ないけど、何も知らないんだろう。アメリカは君が考えているような国じゃない。私はアメリカのサウスカロライナに住んでる。けど私は必要な助けを得ることができていない。深刻な精神的な問題を抱えているにも関わらず、ね。精神の健康はこの国で最大の問題の1つだよ。しょうもない銃撃事件の数々を見りゃ分かるだろう。

アメリカなら彼女はもっと悪化してるだろうね。その理由は単純で、この国に治療するだけのリソースがあるからといって、それが適切であるとか、最善であることにはならないからさ。言い換えれば、アメリカの自傷経験者は多くが若い女の子やトランスジェンダーで、インターネット上の文化や周囲の人間関係に影響されている。そしてアメリカのヘルスケア政策は常に政治に影響を受けている。例えば「家父長制が抑圧の原因だ」とか「社会がトランスジェンダーを受け入れるべきだ」みたいな。そこからもたらされる治療法は酷いものだし、トラウマ的でもあるし、ベストだとはとても言い難いものにまでなることがある。政府やヘルスケアの提供者、親たち、関係者の誰もが、患者が本当に何に困っているのかを知ろうとしないせいでね。それはつまり火にガソリンを注いで、さらにガソリンを注ぎたがるようなものさ。

彼女の夫は猫カフェに連れて行って、彼女が鬱にならないようにしているんだね。真の愛だな。

でも、なんで猫を自分で飼わないんだ?

たぶん彼らが住んでるアパートもしくはマンションはペットを飼うのが禁止されてるんじゃないか。

なるほどね。それは残念。もし彼女の周りにいつも猫がいたら、大きな違いを生むだろうに。自分の猫は不安の解消にすごく訳に立ってるよ。

再生する前はもっと際どいものを想像してたんだけど、ビデオが終わった時には泣いてたよ。

こういった可哀想な人たちの感じたり行動することが、『病みかわいい』という、シュールもしくはフェイクな形になって出てくるのはとても悲しいことだと思った。女の子が「自分は死ぬことを望んでいる」と話すのは全然一般的なことじゃないのよ。とても悲しいわ。自分たちの人生について表す言葉が彼女たちにはとても乏しいように感じられる。自殺的な形で祖父母からの虐待から逃れようとする少年といい、鬱な気持ちを泣きながら笑って話すHanayoといい…彼(女)らが早く立ち直ることを望んでいるわ。

精神の病気は日本じゃ大した意味を持たないとは知らなかったよ。これは変わるべきだと思う。人々は助ける必要があるよ。

「病みかわいい」スタイルが好きだわ。隠れた自己とスタイルを表わしているように思う。確かに闇は感じるけど、それでもかわいいと思う。

最初、「病みかわいい」を見た時は社会に悪い影響を及ぼすものだと思ったから本当に嫌ってた。けど、最後にびす子がこれをセラピーとしてやっていることを知ったら、少し泣けてきちゃった。

これは本当に、「心が痛む」とかを超えたところにあるね。

コンセプトが好きだわ。自殺とか鬱は「かわいい」ものではないけど、若者は痛みの感情をファッションを通じて表現することができるんだね。つまり翻訳みたいなものだね。

メンヘラちゃんのファンになったよ。

日本のサブカルチャーは、最も闇が深いところにあっても深い美しさを持ってるな。

いいドキュメンタリーだね。続きが見たい。

この悲しみの中の美しさが誰かを救っているんだとしたら、自分が心から尊敬する。

▼ 他の海外の反応ニュースはこちら ▼

海外の反応アンテナ




-YouTube, 歴史と教養, 海外の反応

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【海外の反応】アメリカ軍がWW2中の日本本土侵攻を中止した結果被った、手痛い代償とは?

引用元:こちら WW2末期にアメリカ軍は日本本土決戦に備えた戦死者メダルを作りすぎ、戦後も大量の在庫を抱える羽目になった パープルハート章は戦闘を含む作戦行動によって死傷したアメリカ合衆国全軍の兵士に …

【海外の反応】宇多田ヒカル「Beautiful World」プロモーション企画

なんでオリジナルを削除したんだ?950万ビューはあったと思うのに! ああ!このビデオはあんまり注目されてないのかと思ったよ。 最近Youtubeで見た日本のいくつかのミュージックビデオが削除されたよ …

南の国のおもてなし料理

【海外の反応】南の国のお・も・て・な・し

これはどこだい?僕はそこに行きたいよ。 逆画像検索をしてみたよ。僕が見つけた最も古い投稿は、メキシコのフードブロガーのページに10日ほど前に投稿されたものだったよ。 それはもともと、2/12に@mun …

【海外の反応】日本から韓国を訪れた時に感じるカルチャーショックとは?

日本から韓国のソウルに訪問したyoutuberの体験談です。その際に感じたカルチャーショックなどを共有するビデオです。 僕は韓国と日本に行ったことがあるよ。モントリオールから来たんだけど、最初に気付い …

【海外の反応】三味線の音に合わせて踊る超高速ダンスStrawhatz「A Concept」が凄すぎる!【600万再生】

ノルウェー発のダンスグループTheQuickStyleがお送りするのは、日本の三味線の音に合わせて踊る超高速ダンス「A Concept」です。ノンラーというベトナムの帽子を被って踊るこの動画、よく聞くと最初に「おぬしとワシで一騎打ちで行こう」、「フンドシを締めてかかれよ…」「では拙者これにて」などの日本語が随所に流れるほか、三味線の音が全面的に渡って効果的に使われています。さらには鹿威しの音や、沖縄のエイサー節、和太鼓など、日本文化に対するリスペクトがあちこちに散りばめられているのです。この動画は600万再生されていました。海外の反応をお送りします。