Reddit 歴史と教養 海外の反応

【海外の反応】アメリカ軍がWW2中の日本本土侵攻を中止した結果被った、手痛い代償とは?

投稿日:2019年3月1日 更新日:

引用元:こちら

WW2末期にアメリカ軍は日本本土決戦に備えた戦死者メダルを作りすぎ、戦後も大量の在庫を抱える羽目になった

パープルハート章は戦闘を含む作戦行動によって死傷したアメリカ合衆国全軍の兵士に対して与えられる戦傷章。第二次世界大戦中、アメリカ軍は日本本土決戦において生じるであろう死傷者数を推定して50万個のパープルハート章を製造したが、ポツダム宣言受諾によって本土決戦はなくなり、量産されたパープルハート章は戦後長い間残っていた。引用元

1945年、アメリカ軍は日本本土の侵攻作戦を予想して大量のパープルハート章を製造した。その当時製造されたメダルは余り続け、未だに近年のアフガニスタンやイラクの戦傷者に対して授与され続けている。

今日、僕は始めてアメリカ軍がパープルハート章を事前に作っていたことを知った。

ま、ありふれた章だし。大規模な作戦の前には在庫を確保しておく必要があるでしょ。

軍隊っていうものは想定できるありとあらゆる事態にあらかじめ対処しておく必要があるのさ。たぶん軍にはどこかに未だに余ったマスケット銃と三角帽子を保存してる倉庫があると思うぞ。

フォートマイヤーにある第三歩兵連隊の鼓笛隊とコンチネンタル・カラー・ガードは未だに三角帽子とマスケット銃を着てるよ。

完全に間違っているとは言い切れないな。再び必要とされる場合に備えて、軍はその装備が役目を終えた後もずっと備蓄してるんだ。実際に起こっている例は、ベトナムからのM14ライフル銃が貯蔵から引き出され、アップグレードされてベトナムとアフガニスタンで使われた例だね。山で使用するためのより長距離のライフル銃の必要性があったんだ。
そして最近、陸軍は第二次世界大戦時のM1ガーランド銃の在庫を、ようやく手放し始めたんだよ。お望みなら、1つ買えるぞ。

授与されるまでの長い間でも布がそんなに良い状態だったのはクレイジーだな。75年近くも経つと、少なくとも少し悪化すると思うんだけど。それとも新しい布を織ったのかな。

最近のものは全て修繕されたか、スクラップにされてるよ。

リファビリッシュド・オナー(修繕された徽章)

↑いいバンドの名前だ。

軍は1990年頃に新しいメダルを製造し始めてる。君が言うように、在庫の状態は幾分悪化してる。そして印象的かつ恐ろしいことに、これまでの米国の戦時死傷者はまだ日本を侵略するために予想された数の半分でさえない。

いろんな人達がこの現実を忘れてる。アメリカが日本を核攻撃したことがどれほど悪いことなのか言ってるけど、硫黄島の後、アメリカは本土侵攻が重要になればなるほど、アメリカ軍の死傷者率が非常に高いことに気付いたんだ。
ローリス・ノースタッド将軍はカーチス・ルメイがグアムでB-29部隊の指揮を執ったとき送った手紙の中で、もし侵攻が起きれば米国の「50万人」の死者が出るだろうと述べたしね。

ローリス・ノースタッドはアメリカの欧州派遣軍空軍司令官。カーチス・ルメイは日本の本土爆撃部隊を主導したアメリカの軍人。戦争中には「鬼畜ルメイ」として日本人から恐れられた一方で、戦後には航空自衛隊の育成に大きな影響を与えたとして勲一等旭日大綬章も授与されています。

参考までに。アメリカは戦争の間に合計で42万人を失っている。1回の作戦で死者が2倍になると推定されていたんだ。

↑そう、だからこそ原爆は正しかったと自分は思うんだ。確かに、多くの民間人を殺した。確かに、厄介な倫理上の問題を引き起こした。でもそれはアメリカ人と日本人の何百万人もの命を救ったんだ。

↑それだけじゃない。ロシア人はベルリンの崩壊から90日後に日本に侵攻するつもりだったんだ。それが起こったならば、日本はロシアとアメリカの間で切り刻まれたドイツや韓国、そしてベトナムと同じ運命に苦しんだかもしれない。

↑そうなったら任天堂も存在しないしな。やっぱり戦争は悪だわ。

↑ソビエトはそのために必要な海軍輸送能力を持ってたっけ?アメリカには大規模な海軍の優位性があったけど、それでも作戦が失敗する可能性が高いと予測してたのに。

↑いいや。ロシア人は日本が戦争を続ける能力を失ったことを知っていたから最後にちょっとだけ侵攻しただけさ。いくつかの小さな島を取り戻すためにね。

この事実はアメリカ軍が何人の犠牲者を予想していたのかについて、本当に考えさせられる…。私は、核兵器が良いとは思わない。しかしそれは白黒つけられるものではなくて、核攻撃でも本土決戦でも悲劇につながるような、不運な状況なんだ。

さらに教えてあげよう。アメリカ軍は上陸作戦後の動きについて、存在している大隊の数よりひとつ少ない数の大隊の計画を立ててた。アメリカ軍は一つの大隊がまるごと消滅すると想定してたんだ。

消滅する大隊の将校として、上官である将軍に「我々は来月何をするのでありますか」と将軍に尋ねるシーンを想像してみよう。将軍はただ「きみは死んでいるだろう。きみの代わりになる大隊は既に準備が整っている」と言うだけなんだ。

戦争は限られた情報の中で大きな決断を迫られるものなんだよ。日本は天皇の御聖断がなければ決して戦争を止めて無条件降伏なんてしなかっただろうね。それは日本にとって受け入れ難いことだったから。

沖縄の侵略では、多くの民間人が戦闘に加わったり自殺したりしたんだ。
もしアメリカが日本本土への侵略をしなければならないとしたら?降伏するふりをして攻撃する民間人や、自殺する市民だらけという事実にアメリカ軍兵士はうんざりするだろうね。それからアメリカ軍は白人以外の全員を殺すだろうね。そして日本の人々と文化は大部分が地球上から消えて記憶の一部になっていたと思う。幸いなことに天皇は降伏して、長崎の後にまだ戦いたがっていた軍によるクーデターと暗殺を避けることもできたんだ。

↑しかもその影響範囲は実際の戦いだけにとどまらない。日本で勝利することは、彼らの全てのインフラを破壊することを意味するはずだ。そうなったら日本の病気や飢餓による死者数は、戦争中も戦後1年間は天文学的なものだったと思う。

次のイランとベネズエラでの戦いのために必要なパープルハート章は残ってるのかな?

パープルハート章は空飛ぶドローンにも当てはまるとは思えないんだが。手首がやられるのは戦傷に入るかな?

↑イランとベネズエラの戦いなんて絶対起こりません。

アメリカ軍のドローンは基地からスティック状のコントローラーで操作されています。

▼ 他の海外の反応ニュースはこちら ▼

海外の反応アンテナ




-Reddit, 歴史と教養, 海外の反応

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マイクラで作られた木

【海外の反応】学校の柱をマイクラの木で作ってみた

【海外の反応】猫じゃらしのためなら壁も登る子猫

【海外の反応】70年代の日本を捉えた、アメリカの教育用ビデオ

こちらの映像は1970年代にアメリカの子どもたちが日本の姿を学習するために撮影され、使われていたビデオとのことです。最初に日本の繁栄した姿が映し出されると、その後地方の一般的な野菜農家に移ります。小学校での活動や家内手工業などが描かれて終わります。今や様変わりしてしまった日本の70年代の姿に、外国人たちはどういった感想を抱くのでしょうか?

【海外の反応】日中韓、どの言語から学習する?海外「日本語だろ」「日本語」

学ぶのが中国語を学べば10億人と会話できる、日本語はアニメが見れる、韓国語はカンナムスタイルが歌えるようになる…。日本語、韓国語、中国語、全制覇するるならどれから手を付けるべきでしょうか。それぞれの言語の共通点、違いや違いを比した結果、日本語がいちばんいいのだそう。3か国の言語や文化について、さまざまな考えがよせられているので、ご紹介します。

【海外の反応】清水建設による2000mのピラミッド建設計画が海外で話題に

引用元:こちら 清水建設による、東京湾に高さ2000mのピラミッドを建設する計画がこちら 清水 TRY 2004 メガシティピラミッド は、東京湾への巨大ピラミッド建設構想である。このピラミッドはギザ …