お役立ち記事 映画

ウルフ・オブ・ウォールストリートから学べる、成功するための秘訣とは?

投稿日:

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013)からは多くのことが学べる!

マーティン・スコセッシ監督作品「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013)は、レオナルド・ディカプリオ主演のノンフィクション映画です。主人公ジョーダン・ベルフォートが大学を出てから金融マンとして働き出し、わずか数年で独立してから栄光を掴み、没落するまでを描いた、3時間以上に及ぶ大作となっています。といっても堅苦しい映画ではなく、とんでもないはちゃめちゃエピソードがそこかしこに散りばめられ、楽しみながら見れる作品です。そしてこれはなんとノンフィクション、まさかの実話。そこには私たちが学べる、成功するために必要なことが多く含まれています。
この記事では「ウルフ・オブ・ウォールストリート」から学べる、いくつかの教訓をご紹介します!人生をポジティブな方向に持って行く、いくつかのヒントが得られるかもしれません…。

成功のための秘訣その1:未来を信じる

Leonardo DiCaprio is Jordan Belfort in THE WOLF OF WALL STREET, from Paramount Pictures and Red Granite Pictures.
TWOWS-06309R

まずこの映画の中で最も強調されるべき教訓は、「自分は成功するんだ、金持ちになってやるんだ」というビジョンが必要なことです。
主人公は大学を出た後すぐにニューヨークで証券外務員として働き出します。その時には学歴もコネもありませんでした。しかしただの証券外務員で満足する主人公ではありません。
「自分は金持ちになるんだ」と言う強い信念のもとに、主人公はありとあらゆる行動を移していきます。そして主人公はその確信に疑いを持つ事は1度もないのです。それこそが主人公の信念であり、魅力の本質にもなっています。そしてその信念通りに努力を続けた結果、わずか数年あまりで年収49億円もの金を稼ぎ出すことに成功してしまいます。
自分がなりたい姿をあきらめない。これが映画から学べる1つ目の大きな教訓です。

成功のための秘訣その2:ガッツが必要

主人公は大金持ちになるまでに様々な行動をとっていますが、それはただの気概では説明できません。そこにはガッツとも言うべき、常人からは並外れた行動力がありました。まさに行動力の化身です。
例をあげましょう。主人公は会社をクビになり、妻と共に家に一時期だけ引きこもります。しかしそこで諦めてしまう主人公ではありません。会社の立ち上げを決意すると仲間を集めます。しかしただの失業者である主人公に良い仲間など集まりません。そこで主人公はバーで見つけたチンピラをリクルーティングしてしまうのです。
さらに金のない主人公はオフィスも選べませんでした。しかし主人公はオフィスが持てるようになるまで金を貯める、といった常識的な行動はとりません。そのまま貸し倉庫を借りてすぐに起業してしまうのです。
主人公のこのガッツは金持ちになってからも収まりません。いくら金を稼いでもさらに上を目指すのが主人公のやり方です。豪邸やスポーツカー、さらにはヨットまで所有し、南国の別荘でどんちゃん騒ぎを繰り広げますが、それでも飽きたらず上を目指し続けるのです。
ここで重要なのは金持ちになることではなく、ドンチャン騒ぎをすることでもありません。重要なのは常に上を見続け、あきらめないそのガッツです。

成功のための秘訣その3:伝えるスキルを鍛えよ


未来を信じることと、ガッツさえあれば何でも乗り切れるのでしょうか?もちろんそんなに世の中は甘くありません。しかし主人公には1つの大きな武器がありました。それは伝えるスキルです。
主人公の不思議なカリスマ性を支える最も大きな要因が、この伝えるスキルです。人々に自分が望んでいることを伝えるスキルが尋常のものでは無いのです。
例をあげましょう。主人公は自らが起業した会社が成功し、何百人もの従業員の前でスピーチをします。このスピーチは従業員がなぜ目の前の仕事をやらなくてはいけないのかを伝えるものです。ここでの主人公の伝えるスキルは目を見張るものがあります。主人公は目の前の仕事が従業員それぞれのビジョンを叶えるものであることを強調し、やらなければ負け犬だと強い口調で訴えるのです。

スピーチをご紹介します。(作中そのままのセリフではなく、大意になります)

「隣に立っている奴を見てみろ。この仕事をやらなければ負け犬だ。負ければ、ファストフード店でバイトに逆戻りだ。そして二年後、自分がフォード・ピント(※80年代の低所得層にお決まりの車)に乗って、助手席にはムームー(※アメリカの田舎に特徴的なドレス)をだらしなく着た太った女と、後部座席には安売りスーパーの買い物袋を満載させている時に、そこに立ってる隣の奴は信号待ちでお前の隣に停まって、オープンカーのスーパーカーに乗り、何万ドルもするスーツを着て、助手席にはブロンドの美女を侍らせてる。それを手に入れるか、手に入れないかはお前次第だ!」

ここまで他の人に対してやってもらいたいことの重要性をなめらかに訴えられる人がいるでしょうか。主人公には、天賦の才能ともいえる伝えるスキルがありました。
人々を巻き込むのであれば、自分のやってもらいたいことを他人に伝えるスキルも極めて重要、ということです。

成功のための秘訣その4:売るスキル(営業力)も必要

上記の話に関連して、「売るスキル」も重要です。ここで言う売るスキルとは、人に何をしてもらいたいのかを伝えるだけでなく、伝えた上で望んだ行動をとってもらうスキルのことです。そして主人公は望んだ行動をとってもらうために良い身なりをする、堂々としゃべる、といった努力を惜しまない人物でもあります。
劇中でも主人公の営業力はピカイチです。マンハッタンの仕事をクビになった後の主人公は、会社を立ち上げる前に一時期だけサラリーマンになり、ジャンク債を売る営業をします。このときの営業トークはまさにピカイチなのです。おそらく何年も営業をしているであろう先輩たちを抑え、電話一本で次々と契約をとってしまいます。なお、その喋り方については実際の映画をご覧になることをお勧めします。
私たちがこの映画から学ぶべき教訓には、人に望む行動をとってもらう営業トークの大切さも含まれているでしょう。

成功のための秘訣その5:勝てる市場を選ぶ

主人公はなぜたったの数年間で貸し倉庫を脱出し、カリスマ経営者として数百人もの従業員を雇うことができるようになったのでしょうか?もちろん主人公の能力にも大いに関係していますが、それだけでは説明が付きません。ここには主人公がターゲットにしている市場が金融であること、つまりお金が集まる市場である事が大きく関係しています。
数百人という多くの人が集まり成功を重ねるには、個人だけでは力不足といえます。そこには金融界の「金が集まる」という金の力があるのです。成功を狙うのであれば、最も手っ取り早いのは金が集まっているところを狙うこと。そして主人公はこれを忠実に実行します。
その結果主人公は成功し、数百人もの従業員を抱えるに至ります。しかし主人公は金という成果にこだわります。ある意味、金にどこまでも執着し続ける。そして金があるからこそ人が集まる。この循環を作り続けられたことこそ、主人公は成功に至ったのです。
成功したいのであれば、お金が集まっている場所に行くこと。そしてその成果にこだわり続けること。ある意味当たり前のことですが、実践し続けられているでしょうか?

成功のための秘訣その6:法律を守る

さて。ここまでは主人公の成功物語をお伝えしてきましたが、最終的には主人公はジャンク債を詐欺まがいの手法で売り付けたとして逮捕されてしまいます。
そう、あれだけイケイケだった主人公であっても最終的に捕まってしまうのです。国家は現代の暴力装置です。今でも国家は法執行機関を通して、私たちに暴力を振るうことができます
法律は守らなくてはなりません。そしてなぜその法律が認められ存続しているのかと言うと、それは主人公の行為が多くの人々に対して有害だったからに他なりません。いくら金が集まっていたとしても、有害な事はしてはいけません。だからこそ法律を守る必要があるのです。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」から学ぶ成功の秘訣のまとめ

ウルフオブウォールストリートは多くの教訓とパワーを持った映画です。そもそもこれが実話であることが物語に深みを増しています。
未来を信じ、ガッツを持って伝え、売るスキルを使いこなし、勝てる市場に行き、法律を守る。これが作中の主人公から学べる教訓とも呼べるのではないでしょうか。
この記事を通して少しでも映画に興味を持たれた方は、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を実際に鑑賞されることをお勧めします。多くの教訓とパワーを得られること、間違いなしです!

▼ 他の海外の反応ニュースはこちら ▼

海外の反応アンテナ

管理人へのご意見などはこちらからどうぞ






-お役立ち記事, 映画

執筆者:

関連記事

【英語力が身につく】留学経験のある管理人が、成果の挙がる方法をご紹介

英語力を絶対に身につけたい!
いつまでも英語に関して悶々とするのは、もうやめたい!そんな人におすすめの英会話プログラムの紹介です。

タダでできる!英語の勉強のやる気を取り戻す有効な方法5選

やる気が出ない!もう英語なんて勉強したくない!そんな時にどうやってやる気を取り戻すことができるのかをご紹介します。

できるビジネスパーソン

会社に勤めながら英語を勉強するため重要なポイント

【英語力が身につく】留学経験のある管理人が、成果の挙がる方法をご紹介 はじめに 会社勤めで英語を勉強するのは時間的に不利だと思っているでしょうか? 確かに、時間の面では不利ではあるのですが、今勉強しよ …

【社会人向け】本気で英語を独学したい!そんな時に最初にすべきことは?

英語を独学で勉強したい!けど…どうすればいいの?そんな方のために、この記事ではアメリカ留学経験のある筆者が仕事をしながらも英語を独学で、お金をかけずに継続させる方法をいくつかご紹介します。

映画「ジョーカー(原題)」公開前に知っておきたいあらすじ・見どころのまとめ!

海外でも期待の声が高まる期待の新作「ジョーカー」 今年の秋に公開される映画「ジョーカー(原題)」のトレイラー映像が公開されました。こちらの映像は日本語版ですが、US版予告編(内容は日本語版と同一)は公 …




海外の反応アンテナ
海外の反応アンテナ