YouTube 海外の反応 相談・雑談

【海外の反応】日本を支配する暗黙のルールを外国人がご紹介

投稿日:2019年2月22日 更新日:

引用元:こちら

日本を支配する生活のルール

字幕の設定から日本語で閲覧できます。

(日本人による英文コメント)日本には3つの種類のルールがある。破ることのできないルールと、破ることのできるルール、そして破るべきルールだ。ふつう、暗黙のルールが本当のルールで、破っちゃいけないやつさ。

それに付け加えるとしたら…
破るまで何も言われないルール
周りを見ていたら気付くルール
破っても破っていることに気づけないルール、だな。

市民<警察<政治家<大統領<イルミナティ<宇宙人<古代の”偉大な存在”<赤いコーン

動画内で「日本では赤いコーンが絶対のルール」だと冗談めかしく紹介されている部分に関するジョークです。

他の人を公共交通機関でジロジロ眺めない。ハハ、このルール好きだよ。

ドイツのルール:公共交通機関では他の人とちょっとだけ長い間アイコンタクトすること。

ジロジロ眺めないのは日本だけだよね。西洋人なんてよくやるのに。

仏教寺院で拍手をしないのは、拍手は神道の神々を目覚めさせるためであって、仏は常に目が覚めているからだよ。そして、大阪の人々が右側を歩くのは、大阪の武士が左側に刀を身に着けていたからであり、刀を避けるには右側を歩くのが合理的だからさ。

なぜ神社で拍手をするのかは諸説あり、実際のところは不明です。また大阪のエスカレーター右立ちも阪急百貨店での呼びかけがきっかけになったという説や、大阪万博で国際基準に合わせたなどと諸説あり、起源はよく分かっていません。

よく撮影されているね。ドキュメンタリーを見ているみたいだったよ。自分が思うに、オーストラリアのルールは「アイツに捕まるなよ、メイト」さ。

メイトはオーストラリア英語で親しい人間に呼びかける時に使われる言葉です。

俺たちオージーにとっちゃめちゃ重要。(西オーストラリア州より)

まったくだわ。(メルボルンより)

ここで言うアイツはおそらくオーストラリアに住む危険生物たちのことです。

投稿者がただ「歩くときも運転するときも左側」って言うのに3分40秒もかかったのはびっくりだよ。

ドイツのルール:どんな標識、信号、コーンに従え。どんなに小さくても破ったとしたら、目撃者のおばちゃんが警察に通報する。

まったくだね。何回もおばさま方から叱られたよ…。

君、ドイツ人か!

自分はブラジル人だよ。ここでの大まかな規則は「ここにはルールはない」さ。

そうだね。いくつかのルールは笑ってしまうほど無視されてるし、いくつかのルールはそれを無かったことにできるほど裕福な人たちによって破られているし。

日本での金科玉条だと自分が感じるのは「自分の前に周囲のニーズを重んじろ」だよ。

自分の国、インドでも同じだね。

ヨーロッパでも同じだわ。アメリカじゃ自分勝手さしか見ることができないってのに。

ルールがないことで知られてる国から来たよ!つまり、ブラジルなんだけどさ。

オランダでは、通常の車線と同じ幅の自転車用の車線があって、関する規則もはるかに単純だよ。つまり「自転車に乗ること以外は何もするな。もしそこを歩いたら、全オランダ人から呪われる」。

日本の一番奇妙でおかしな変わったルールである、「ダンスクラブで踊るな」ってルールを忘れてるぞ。

奇妙だが、事実なんだよね。

クラブが事実上合法化されたから、そのルールはもうなくなったぞ。

2016年まで、風営法のためダンスクラブはどんな形であれ午前1時を過ぎて営業することはできませんでした。これは大戦後の占領期の文化に起因する規制であり、「あまりにも時代遅れ」という声がクラブ経営者らから相次ぎ、また国のIR整備方針とも相まった結果2016年に改正風営法が施行され、ある程度の制限付きで「夜通しパーティー」が初めて合法化されました。

常識的なルール。だけどもしきみがアメリカ人だとしたら、アメリカ人だと思われなくするのは難しいルールだね。

日本は素晴らしいね。訪れるのが待ちきれないよ。

▼ 他の海外の反応ニュースはこちら ▼

海外の反応アンテナ

管理人へのご意見などはこちらからどうぞ






-YouTube, 海外の反応, 相談・雑談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【海外の反応】金髪美女が語る、日本から韓国に移住したらどんな感じ?

日本に数年間、韓国に1か月住んでみての感想を話しています。韓国の交通機関の手ごろさや使いやすさ、カフェ、食べ物の良さなど、多くの外国人も共感しているようです。海外の反応をお届けします。

【海外の反応】トヨタ、2年連続でル・マン24時間耐久レースで優勝。海外「おめでとう」

伝統の自動車耐久レース「第87回ルマン24時間」は16日、ルマンのサルテ・サーキット(1周13・626キロ)で決勝のゴールを迎え、最高峰「LMP1クラス」で、トヨタ8号車の中嶋一貴、アロンソ(スペイン)、ブエミ(スイス)組が385周を走破し、2年連続の総合優勝を果たした。

お布施を受ける猫

【海外の反応】お布施を受ける猫

【海外の反応】里帰り時の出費はゲストが払う?払わない?日本人家族のお正月密着取材

ある日本の家族の年末と正月の過ごし方を特集した動画をご紹介します(内容は日本語字幕で見れます)。過ごし方から、お正月に里帰り中のお金の出費はどうする?といった問題まで取り上げられています。出費を巡って各国の考え方の違いが現れていたのでご紹介します。

【海外の反応】「日本人は何も知らなすぎる」日韓貿易戦争に対するインタビュー

日本が韓国をホワイト国から除外すると発表してから、日韓の貿易戦争は激しさを増しています。この日韓の問題について、日本の街の人はどう思っているのかインタビューした動画です。以下はそれに対する海外の反応です。




海外の反応アンテナ
海外の反応アンテナ