【韓国の反応】五輪真弓の「恋人よ」を聞いた韓国人「カラオケで必ず歌う」「そんな事情があったの…」

https://www.youtube.com/watch?v=GyU9i-SDmcs

五輪真弓の「恋人よ」を聞いた韓国人の感想です。実は「恋人よ」は五輪真弓をデビューの頃から支えてきた音楽プロデゥーサー木田高介が、突然の交通事故で亡くなってしまった事がきっかけで作られた歌でした。

歌は万国共通の言語だね~

カラオケやライブカフェに行ったら必ず歌う歌。ありがとう。

日本には本当に良い曲が多い事は認めます~^^

阿部が聞かなければならないのに。

日本の歌は中国の歌とは違って、私達の情緒に合う。

この歌は悲しいのではなく、あまりにも悲壮感があるので抵抗を感じる。

この歌すごく好きだったのに…敵の国…

女子高校2年生の時に、日本語の時間に習った歌…まだ耳に残ってる…名曲です…

事情を知って歌詞を聞いたら、より一層悲しくなる歌だね。

今ビールを飲みながら聞いてるけど、涙が出る。

五輪真弓は演歌歌手ではなく、ギター歌手なんだよ。

親しい友人が日本留学時代に大好きだった歌なので、わざわざ調べているけど、歌の背景と歌詞の意味を知ってみると本当に悲痛で悲しい歌だね。

戻ることができない時間というのが、より悲しい。

口紅を濃く塗ってる。

美しい曲だ。

歌詞も名作。

歌詞がハンパじゃないね。

思い出の歌手。思い出の演歌。

いつ聞いても名曲。

雰囲気が運命的な感じの名曲。

ああ…あんな事情があるなんて初めて知った。