【海外の反応】なぜ日本刀は高価なのか?海外で日本好き達が議論

日本刀の製造は何世紀も前の伝統であり、今日も受け継がれています。完成するのに18ヶ月以上かかる物もあります。外国人の反応を見ていきましょう。

簡単に答えると:本物の刀を作るには長い時間と技術が必要だから。

伝統的なやつはそうだね。現代の鋼鉄の方が実際には優れてるけどね。現代の鋼鉄でより良い剣を作ることができるよ。でも伝統を守りたいならこうするしかないんだ…

↑千年前の鎌倉時代の刀の質を超えることはできないよ。

↑強度の質?耐久性?なにを根拠に最高だって言ってるんだ。

これらの日本刀が高価なのは俺みたいなオタクが喜んでお金を出すからだよ。

それ。イタいよな。

笑、よく言った。

「この剣には、悪魔を斬る能力があるのじゃ…。」

鬼殺し。

本当だけどね。パワーソードだぜ!

そりゃ日本刀が高いのはカスタムメイドだからだよ。そして鍛冶屋が稼ぐんだ。

2019年に刀を買う人、いる?

※Samuraiがいるだろ。何いってんだ。

日本人っていつも完璧主義者で、いつも卓越性を追求する。

ナレーション「パナソニック」

↑そうだね。第二次世界大戦後、Canon、SANYO、Yamaha、ほんだ、FUJIFILMなど多くの企業が存在し栄えてる。

なぜ日本刀はとても高価なのか?
答え:アダマンチウムを突き刺すことができるから。

アメコミのウルヴァリンネタです。