【韓国の反応】原爆投下を題材にした漫画「はだしのゲン」を見た韓国人「この作家は親韓」

原爆投下を題材にした漫画「はだしのゲン」の動画です。原爆が落ちた瞬間、あらゆる人々の体が溶け出したり目が飛び出したりする残酷な表現もそのまま描写されていることも知られています。韓国人の反応をまとめました。

なぜ誤りはみな上に居る者達がするのに、被害は民間人が受けるのか。

戦争は高齢者が起こし、戦いは若者がする。byハーバート.Cフーバー

怖い。

自ら墓穴を掘って、同じ過ちを繰り返す日本の安倍が抱く野心の終わりが、まさにこれだ。

韓国はもっと死んだ。

原爆がなかったら、光復もなかった。

自業自得でしょ。

「はだしのゲン」は作家が親韓だ。これは原爆投下当時の日本の右翼を批判して、愚かさを語るアニメーションだ。最後に出てきたおじさんは朴氏という韓国人で、最後に主人公が朴氏と呼んだりもする。主人公のお父さんは「韓国をはじめとする周辺国家と親しく過ごさなければならない」と強調して、作品内でも無視された朴氏に暖かく接してくれる人だ。

核爆弾は生き残る事も苦痛だと言うが、一発で死ぬ事も幸いなのかもしれないね。

安倍や一部の日本の政治家がする事を見てたら、もう一度こういう目に合いそう。

原爆の残忍さは批判しなければならないが…その対象になった日本のやつらが韓国にした残酷な行為を考える時…被害者コスプレする前に…反省と謝罪をまずしなければならない。日本は本人が犯した罪悪を絶対に考える事も教育もせず、かえってお金でこれを回避し、嘘を日常的に行う厚顔無恥な国だ。

このように多くの犠牲を払って、犠牲者より多い人達(韓国)を独立させた。

本当に戦争は、自分達同士の事ではない理由で、平凡な人々の日常を台無しにする。

「はだしのゲン」は有名ではない…韓国ではこの漫画の存在を知らない人が多いが、私は1巻から10巻まで読んだ。

この漫画は日本の同情を誘ったり、米軍が悪いという事を描いたものではなく、原子爆弾が爆発した時に、当時作家自身が経験した事をマンガで描いた物だから誤解しないで。

これを見てから、空だけ見てた。私だけか。

まさか母親が赤ちゃん抱いて…?ああ本当に、悲しく恐ろしい。

眼球…

犬まで…

ああ…こんなのを見たら、二度と戦争を起こしてはならないと思う。

このような事が私の住んでいる世界で起こった事が信じられない。突然、厭世的な感じになったよ。

核爆弾は人間が作った最悪の武器だという理由を知っただろうね…