【韓国の反応】ドイツ人が日本の嫌韓に苦言を呈する動画に韓国人「日本の嫌韓は、韓国への劣等感の現れ」

日本の嫌韓に対するドイツ人の反応をみた韓国人の反応を紹介します。この動画では、日本で出版されたいわゆる「嫌韓本」に対し、韓国人がドイツ人に対してどう思うかをインタビューしています。

日本がずっと嫌韓する理由は劣等感のせい!

ドイツと日本行ってみて、比べると日本は国でもない…w

成熟したドイツ人と日本を比べるのはドイツに対する冒涜だと思う….

ドイツが先進国である理由。

エミリー、代わりに怒ってくれてありがとう。

だから日本がガラパゴスなのよ…

あ、ムカつく。日本を地球上で消したい。

これ、英語と日本語の字幕作って広めるといいな。

もとは政府だけちょっと悪く見てたけど、今はまあ….(笑)

ドイツと日本のレベルの差。

やっぱドイツ最高。

日本はマジで世界一おかしな道徳観を持ってる国だ。

ありえないよね?実際に日本で起きてる事実だよ。

日本は本当に不思議な考えをする文化を持ってるな..

韓国人も日本が最高だと思ってる若者が多い。

国民性がいいという国がなぜ嫌韓テロしてわさびテロするの?

wwwwwwマジ日本の嫌韓ベストセラーは笑っちゃう。

ドイツ以外にも多くの国に知らせよう。これは広報すべきだ。

ドイツ人なのになんでこんなに英語うまいの?アメリカ人かと。

日本の市民が優しいなら韓国の市民は天使だねwwwww

このような形で韓国側が「日本の行いを世界に知らせる」と言って、第三国を巻き込んで日本に対するネガティブキャンペーンが長年行われてきた経緯があります(事実、東京オリンピック招致の阻止・妨害や、端島(軍艦島)世界遺産登録の反対が行われてきました)。この手のデマや扇動の対処法は2ステップです。
1.一貫した明確な否定をする
2.第三者の信頼を得るような発信を続ける
私の経験上、1止まりで2が出来てない人や組織が非常に多い。「それは違う」という否定だけではダメで、積極的に発信しないと意味がありません。
例えば、ご近所であなたの家庭に変な噂が立てられたとします。「いやそれウチじゃないです、違います」と一回だけ言って解決するでしょうか?そんな一瞬で変な噂が収まるなら苦労しないはずです。それには発信が必要なのです。つまり「私はこうで、こういう者で」ときちんとご近所さんにしつこいぐらいに言い、怪しい者ではないことをアピールしてようやく収まります。デマにはこちらからの発信が絶対に必要です。