【海外の反応】日本の商業捕鯨に外国人「邪悪な慣習、報いを受けるだろう」

日本の商業捕鯨船は、何年にもわたる調査捕鯨の後、海に戻ってきました。国際的な反発に抗して、クジラ肉は1986年以来の商業捕鯨により売り出しを始めています。海外では捕鯨は残酷で時代遅れだとの懸念がありますが、日本政府ではそれが伝統だと主張しています。以下は以下のこの動画に対する海外の反応です。

言い訳は必要ないぞ。

鯨肉はおそらく水銀が非常に多い。

クジラを食べ続けると、A.I.D.S.(エイズ)になるってこと?

君、魚介類中の水銀について知らないな。

確かに水銀は非常に危険なものだよ。そしてそれは我々の体に蓄積する。残念なことに海洋はとても汚染されているから、ほとんどすべての魚は水銀を保有している。魚が大きくなればなるほど、それが長生きすればするほど、多くの水銀が含まれている。クジラは大きく、とても長生きなので、水銀が非常に多くなるはず。

この物議をかもしている伝統を根絶し、永遠になくすべきだと思う。

最近、捕鯨に反対してデモをしている日本人の記事を読んだ。彼らは捕鯨は苦労して稼いだ税の無駄だって。捕鯨の町と関係のある何人かの政治家は、一般の日本国民に説明することなどない、と言っているらしい。

私は生き物を食べることをあえてしないていない。

この外国人はどうやって生きているのでしょうか。

ただこの海の生き物を味わうためだけに殺す卑劣な日本人。

ノルウェー、アメリカ、韓国、カナダも同じなのに、ニュースを出さないのはなぜ?

クジラは味わうための存在ではない。悪い伝統。

虎の骨とサイの角を使った薬に使ったことに対して中国人に同じことを言える?

もちろんだよ。中国の邪悪な伝統だ。クジラを殺すことが日本の邪悪な伝統だとおもう?生まれた虎やサイを殺したり、売ったり、使ったりすることに関係なく、これらすべての邪悪な伝統は中国の法律で禁止されている。しかし、日本政府はどうしているんだ。

注目すべき点は西側メディアの偽善だ。ノルウェーは、年間捕鯨量を28%増やして1,278頭にすることを発表したが、それでも西側のメディアではほとんど報道されていない。一方、日本は225頭のクジラを殺す予定。去年以来、医薬品目的でサイの角と虎の骨を合法化していたが、禁止は解除された。

クジラはライオンのようなもの。雄大な、それは当然それを尊重するために多くの人々がそれらを食べないようにしているんだぞ。

これはひどい。雄大な美しい生き物なのに。

クジラを食べることを正当化しようとすることは、角のためにサイを殺すことを正当化することと同じことだ。伝統の名の下に、いつまで私たちの自然を殺し、地球を生き延びられないものにするのだろうか。

何世紀にもわたる文化を持ち、教育を受けた日本人が自然の中でそのようなことをし続けているのは残念だ。自然はそれらを復讐するでしょう。それはとても悲しいことだ。