【海外の反応】若者が働かなくなったら、日本は誰が守るの?外国人激論

2019年2月13日

senior-3336451_1280

ロボットだよ

日本のアメリカ人はそういう風に呼ばれてるのかい?

ガンダムかな。

ロボットホテルの50%のロボットが新しい仕事を探しているよ

HISが運営する「変なホテル」のことです。従業員がほぼロボットであることが話題を呼び、集客に成功しています。
tempo20160923

日本オタクの外国軍とか、そんな感じかな?

太った男だらけの軍隊がどれほどうまくいくのか、見ものだな

PS4で動く武装ドローンの数次第じゃないかな…

防衛大学校の卒業生に対する自衛隊への就業規制をより長く、厳しくして、待遇面を改善すればいいんだよ。酒保をより良くしたり、給料や手当を上げたり、よりよい住居の提供とかね。自衛隊の採用活動は素晴らしいけど、一度入隊したらそれほど面倒を見ない印象がある。

言うまでもなく、防衛大学校を修了したら自衛隊に入らないという選択肢もある…つまり、タダでリーダーシップやマネジメントのトレーニングを受けられる。過去の契約以上の義務は無いわけだからね。

↑タダじゃないよ、もし自衛隊に入らないのなら授業料を払い戻さないといけない。

↑おっと、自分が知ってるのがちょっと時代遅れの情報だったみたいだ。でもこれは最近決まったことみたいだね(2014年)。その前は何もなかったはずだよ。

多くの日本の有権者はこれが普通じゃないことに気がついてないのかも。アメリカ軍(とそのほかの先進国の軍隊)では、契約によって卒業生は強制的に任務に就かせられるよ。参加こそ任意だけど、最低四年間は勤務しないといけない。予備役将校訓練過程とか、士官学校みたいな受講料を国に払ってもらうようなプログラムに参加した場合は最低でも四年、パイロットみたいな長期の訓練が必要なものは十年だね。それと引き換えに、給料や手当は本当に良いよ。

予備役将校訓練課程(よびえきしょうこうくんれんかてい、英: Reserve Officers’ Training Corps, ROTC)は、主に大学に設置された、陸海空軍および海兵隊の将校を養成するための教育課程のこと。

↑契約もある程度までしか機能しない。カナダじゃ契約中でも辞めることが出来るし。

今日、奈良で求職者を見て(この問題に)気がついたよ。確かにこれは難しい問題だ。ゆくゆくは徴兵制をやる必要があるかもしれない。今の若者は本当に無感覚だから、危険なことになるかも。まあ、あんまり若者に(政治的な)現実に見せすぎると、国民投票が始まったり、政治的な意見を持ったり、学生新聞を作ったりするからな。そして自民党の50年政権は終わってしまう。

あんたの予想は正しい。韓国のような強制的な徴兵こそ必要とされているものだけど、若者世代の政治化を引き起こすだろうね。自民党の政治家は60年代を覚えてるんだろう。若者世代が日米安保条約を巡って急進化した時代をね。

そんな法案が出たら安倍政権は辞めざるを得ないだろうね。

確かに欠点もあるけれど、結局良いことではないのかな。
若い世代が軍隊に志願するほど絶望的な状況ではなくて、若者が幸せにやっていけるってことなんだから。それに、国粋主義がそんなに強くないということでもあるし。

アメリカのような先進国でも、軍隊への就職は若者のセーフティネットという側面があります。高校時代に非行に走り、どこにも就職できない青年が軍隊に行って叩き直されるのはよくある話です。また貧しい国ではそもそも軍隊以外にまとまな働き口がない場合もあります。

ガンダムが日本を守るんだよ。

いや、アニメの美少女だ。

ガンダム。

萌キャラだろ。

将来の世代がそのでたらめな製品を買ってくれないとしたら、軍産複合体はどうやって金を稼ぐんだ?

軍産複合体はアメリカでは一大産業ですが、政府と多額の税金の支出を行って謎の開発と金儲けをしているという印象が少なからずあり、よく非難の対象になっています。有名なところではロッキード・マーティンやボーイングなどが該当します。

日本に同盟国が基地を作ればいいのさ。そう、アメリカみたいにね。

ガンダムを作れ。それで問題は解決だ。

引用元:こちら