Reddit 歴史と教養 海外の反応

【海外の反応】第二次世界大戦中、日本軍に対してアメリカ軍が自滅した作戦に対するアメリカの反応

投稿日:2019年2月1日 更新日:

ffxqs3xqgca21

引用元:こちら

キスカ島撤退作戦(キスカとうてったいさくせん)は、1943年(昭和18年)5月27日から7月29日に行われた日本軍の北部太平洋アリューシャン列島にあるキスカ島からの守備隊撤収作戦のことである。第二期撤収作戦において、同艦隊がキスカ島を包囲していた連合軍に全く気づかれず日本軍が無傷で守備隊全員の撤収に成功したことから「奇跡の作戦」と呼ばれる。

完璧な作戦だね。
>wikipediaより引用
>日本軍はその一方で、二週間早く島から撤退したが、連合軍の上陸は行われた。日本軍の地雷と友軍同士の銃撃戦、戦闘のため、作戦中の死傷者は合計で313人にものぼった。

その日は霧が深かったから、フレンドリーファイア(自軍同士がお互いを敵と誤認して攻撃しあうこと)だらけになったんだ。

アメリカ軍とカナダ軍による銃撃戦ね。

連合軍側はこの作戦でアメリカ軍とカナダ軍を動員していました。

じゃあ、自軍同士の撃ち合いじゃないってことじゃん

↑バン!バン!バン!「おい、俺は仲間だよ!」
「俺はお前の仲間じゃないぞ」

ミッション失敗、次はうまくやれるさ

↑そのセリフ、何回か聞き覚えがあるんだが…

うちらは誰と戦ってたんだよ。

お互いだよ。

戦場での疲労と、厳しい気候のせいだと思う。

↑いや、明らかに霧のせいだろう。お互いに撃ち合ってたんだから。

地雷と、ブービートラップだね。

>日本軍の地雷と、
ああ、なるほどね。たぶん地雷はとても良く隠されてたんだろう…
>友軍同士の銃撃戦、
待て、なんでそうなる。
>戦闘のため
誰と戦ったんだよ。なにやってるんだよ。

↑>誰と戦ったんだよ
お前のママ。

↑それでもめっちゃ面白いな

勝つためには、この戦いに乗っちゃいけなかったんだな。

これは科学を超えてるな…

イリュージョン:100点満点

まあ、日本人だしな。そんなに変なことじゃない。日本人はいつも同じことをやってる。小さな島を占領して、領土の中の全ての生物にブービートラップを仕掛けて、アメリカがそれに気づいたら密かに撤退し、花火を待つ。それを繰り返す。
とても卑怯な戦術だが、効果的ではある。

卑怯だって?一般的な戦術だろう。卑怯の対義語は何なんだ?英雄らしくお互いに向き合うことか?

臆病の対義語は敵の位置に銃剣で突撃することじゃないか?覚悟と武勇を示すのさ。

仮に日本人が臆病なら、その場でパンツに漏らして逃げ出すだろうよ。自国の防衛のために敵により多くの土地に対して注力させるよう強いるのは賢明な戦術だよ。
日本軍は戦争中にいろんなことをしているけど、彼らは決して臆病ではなかったよ。

現代の戦争で奇妙なのは、ほとんどの軍隊ができるだけ少ない戦闘で勝利しようとしていることだね。 有名な(ドイツの)電撃戦でさえ、敵の強みを回避し、それらを前線から隔離し、後からその強みを叩くためにスピードを最大限に重視することを目的としていたんだから。
上の戦術が臆病? そうかもな。何千人もの敵が大挙して押し寄せてきた時に男らしさと名誉ある戦い方を重視して、機関銃でなぎ倒していくような時はそうだろうよ。

俺たちは最近の流行りをやめて、全世界的に剣の時代に戻るべきかもな。ぶっちゃけ剣もアレだし、いっそのこと殴り合いでもするか。

↑必ずしも最近の流行りとは言えないかも。18世紀までの多くの戦闘はより良い位置に兵士を配置することが重視されていたし、誰かが勝ったというまでにちょっとした小競り合いをするくらいが普通だったんだ。その当時の「紳士的な戦争」に不可欠だったのは職業軍人なんだけど、あまりにも(雇うのに)高すぎて最後の一人まで戦い続けるなんてのは不可能だったんだよ。

近代的な兵器が登場するまで、多くの戦争は今と違って牧歌的でした。例えば中世では多くの国の軍隊は隊列を組んで歩くことすら出来なかったと言われています。軍団の移動はただの行列で、食料目当てに地元の農民が列に加わって戦闘という名の殴り合いに参加したりしていました。

日本の軍国精神が、こういった戦い方を続けるのではなくて決戦的な戦い方を強いたんだよ。

なんつー醜態だよ、これ。

つまり、忍者の仕業だよ。

これが真の消耗戦さ。

おめでとう、自分で自分を陥れることに成功したね。

少なくとも島は手に入ったじゃないか。

日本軍は何もせずに勝利。

アッツ島は全く違うストーリーになったけど。

アッツ島の戦い(アッツとうのたたかい、Battle of Attu)は、1943年(昭和18年)5月12日にアメリカ軍のアッツ島上陸によって開始された日本軍とアメリカ軍との戦闘である。山崎保代陸軍大佐の指揮する日本軍のアッツ島守備隊は上陸したアメリカ軍と17日間の激しい戦闘の末に玉砕した。

アメリカ軍兵士「ここにはジャップはおりません!」
アメリカ軍司令官「あそこにカナダ軍がいるだろ?あとは分かるな」

戦わずして勝つ。これぞ戦争の芸術。

▼ 他の海外の反応ニュースはこちら ▼

海外の反応アンテナ

管理人へのご意見などはこちらからどうぞ






-Reddit, 歴史と教養, 海外の反応

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【韓国の反応】ジブリの名作「千と千尋の神隠し」を見た韓国人「ハクと結婚したい」「私の人生映画」

ジブリの名作「千と千尋の神隠し」を見た韓国人の反応をまとめました。ちなみに韓国の映画サイトで調べたジブリ作品の人気第1位は「千と千尋の神隠し」、2位が「もののけ姫」、3位が「天空の城ラピュタ」でした。「千と千尋の神隠し」は2002年に韓国で公開され、日本アニメ映画では初めて観客数200万人を突破し、2015年には再公開されています。

【海外の反応】「本当にかっこいい」雪を押しのけて爆速で進む新幹線に外国人が大興奮

【海外の反応】約30年ぶり!日本が商業捕鯨再開。環境保護団体は非難

日本政府は国際捕鯨委員会(IWC)から脱退し、2019年7月1日に国際的な批判がありながらも、1986年以来となる商業捕鯨を再開しました。環境保護団体や海外からは非難されています。

【海外の反応】日本にしかない(?)偉大な20の発明品とは

まだ日本にしか存在していない(?)発明品を20個紹介している動画です。ところが日本ではないものも含まれており、その雑な作りには疑問の声も上がっていました。その動画を見た海外の反応を紹介します。

【韓国の反応】日本人「愛しすぎて殺した」韓国人「日本はメンヘラ多い」

愛しすぎて彼氏を殺した日本人女性の話を紹介する動画です。その動画を見た韓国人の反応を紹介します




海外の反応アンテナ
海外の反応アンテナ