【海外の反応】日本海のレーダー照射問題について韓国人が突っ込んで解説する動画

韓国人が韓国海軍レーダー照射問題について韓国の一般的な意見として動画を公開しています。箇条書きで動画の概要を紹介します。
・技術的な話で一般人には理解しにくいから調べて解説する
・元々は、北朝鮮船舶の救助信号で韓国軍艦が出勤した。
・救助活動をしていた韓国軍艦の近くに日本海上自衛隊の哨戒機が近づいた
・ここまでが事実ね、ここから問題が別れている。
・日本防衛省は射撃用レーダーが照射されたから攻撃の可能性があるとしていて、韓国国防省はレーダーを照射していないと言っている
・両軍は証拠の動画を公開している。日本防衛省は、照射に対して韓国側に無線をしたが韓国は無視したと言っている。韓国側はレーダーを照射していないし、日本が低空飛行しているから脅威を感じたと言っている。
・一般人的な視点では良くわかんなかったけど、韓国側はレーダーを照射していないと言っているんだから、低空飛行の話をするのは良くわからない。
・事実確認が最優先されるべきなのに、感情的な戦いになっているようで悲しい。レーダー照射は非常に危険な行為であるし、これをきっかけにして、レーダー照射に対する対応のマニュアルを作ると良い。
・もし韓国が意図的にレーダーを照射したなら謝罪すべき。もし、公言するのが難しいなら両者の関係者があっていち早く解決に向かうべき。日本防衛省は証拠を持っていると言っているが、韓国側では十分確認させてもらっていないようだし。
・時間を伸ばして両国の関係が悪化する事は、北朝鮮の船を救助すると言う人道的な行為から始まった事でもあるのでより残念。再発防止に関しても注力させられることを願っている。
以下では、海外の反応と一部日本人の反応を紹介します。

この場合、韓国は北朝鮮の船との関係性を隠そうとしていたので、日本に抗議した。私たちは隠れた関係性に注目しなくちゃいけない。韓国軍は北朝鮮の船と何をしていたの?何のため?関係性を隠そうとレーダーが照射されたのは明らかだね。

韓国は北朝鮮へなにかの物資を渡していた。韓国がレーダー照射をしたのはその事実を隠すためだ。

石油をあげてたんだろうね。

この音は韓国船で聞こえたものと同じだよ。わかるでしょ?全然はっきり聞こえないことが。

二つ目に日本のパイロットは韓国船に近づく前にコミュニケーションを取るべきだった。三つ目に日本のパイロットは「日本海軍」と名乗った。それは間違いで、間違った名前を名乗っている人に対して反応はしない。そうであったとしてもそれらを聞いたならば韓国船はコミュニケーションを取らなきゃいけないけどね。韓国、日本どちらが間違っていたとは言っていないし、むしろどちらも間違っていると思う。私たちは戦う必要ないよ。

韓国の子供たちはピノキオを観たほうがいいよ。韓国の大人たちはピノキオを観ていないから嘘が罪だってことをわかっていないみたいだからね。

いくつか質問させて。なんで北朝鮮人が助けられてその後どのように治療されたかを国民に対して明らかにしないの?それに北朝鮮と韓国はどうやってお互いに連絡を取っていたの?日本側では救助された北朝鮮の船からのSOS信号を受信していなかったみたいだけど。韓国が北朝鮮人をすぐに追い返さなかったのはなんで?北朝鮮の人を救助したのは誰?

韓国政府の見解が二転三転している事になんの思惑も感じないのであれば、何を考察してもその程度ですよ。
都合が悪くなれば、今の公式見解も、どうせまた変えるんだから。

日本側が証拠を韓国側に確認させていないと動画にありますが、一番最初の実務者協議の段階で 日本は証拠はありますから韓国政府に お互いに波形を出して照合しましょうと提案しました。それを拒否したのは韓国政府です。
日本側だけ出せ!照合は韓国政府でやるから渡せ!韓国は出さない!と。

あなたは韓国の情報にしか触れてないから、知らないと思いますが、日本では、非公式の場で、レーダーの波形が一致したことを韓国に伝えていると報道されています。この提示は、日本側が動画を公開する前の話です。提示しても韓国側が認めなかったために、動画を公開するに至ったと言うことです。

哨戒機からの無線に応答できなかったorしなかったのはどうしてなんでしょうか?
韓国側の言い分としては「聞き取れなかった」ということらしいですが。
国際VHF(156.8MHz)と緊急周波数(121.5MHz及び243MHz)の計3つの周波数を用いて呼びかけをしました。