【海外の反応】1998-2010年。サッカー日本代表の偉大な12年をFIFA公式が紹介

https://youtu.be/0oCr72bs4IQ

こちらは若干古い映像なのですが、1998年から2010年にかけての日本代表チームや日本のサッカーの在り方、その成長ぶりについて、FIFA公式が取り上げたビデオになります。内田篤人の海外の反応をお届けします。

ビデオの概要

鹿島からシャルケ、そして日本代表で戦った内田篤人が、1998年以降の日本代表に何が起こったのかを説明します。
1998年の日本は、ようやくW杯出場権を手にしたものの実力は全くありませんでした。アルゼンチン、クロアチアに2試合連続で敗退すると、残るはジャマイカ戦でのW杯初出場を賭けた戦いで中山雅史が一点をゴール。ここから日本の物語が始まります。
内田篤人はこの時、中山にあこがれて学校中の皆が真似していたと語っています。既にこの時にサッカー人気が子供たちに広まっていましたが、2002年にはそれが異なる次元に到達しました。日韓ワールドカップです。
この時に日本はベルギーとの試合を引き分けに持ち込みます。さらにロシア戦では勝利し、グループリーグは首位で通過。これに日本中が沸くことになります。
しかし2006年のW杯ではこの期待に応えられるような結果を残せませんでした。多くの日本人にとって、これは2002年と比較して大いなる後退でした。日本代表選手はこの時のプレッシャーは大きかったと語ります。
そして2010年のW杯。日本は大きな期待を背負ってW杯に挑みます。その結果はあまり良いものではなかったかもしれませんが、1998年の日本からの成長っぷりを鑑みれば、日本が最終的に成し遂げるであろう功績は誰にも想像できないでしょう。

日本がベルギーに敗れた後にこれを見ている。彼らは本当に前半ではこんな感じだった…しかしまあまあ…それにもかかわらず、素晴らしい挑戦だと言えるだろう。

日本にとってこれは非常に大きな成果だよ。

がんばれ! 行け、青のサムライ達!

日本は南アメリカとヨーロッパ以外での初の世界チャンピオンになるはずだ。

そんなことありえない

アフリカは?

アフリカはワールドカップを優勝することは決してないだろうしね。 少なくとも私が生きている間には。

多くのアフリカ人プレーヤーがヨーロッパ諸国のためにプレーしている。コンゴのチームがルカクみたいな選手を揃えているところを想像してほしい。

ちょっと考えれば分かる。アフリカのチームはあまりにも腐敗していて、ワールドカップに勝つにはカオスすぎる。

中田は史上最高の日本の選手です。

いや、遠藤守だ

スコットランドからご挨拶だよ。スコットランドと戦っていないときは常に日本をサポートしているよ…最近はほとんどそうだけどね。

ありがとう

多分中村のファンだよね

2018wcの日本vsベルギー…史上最高のゲームの1つ

がんばるんだ日本。スペインより:D

ブラジルから、日本をサポートするよ!!!!!

ロナウドやカカのようなヒーローと対戦できたことは日本代表にとって素晴らしい成果だと思う。 短期間のうちに日本サッカーは非常に順調に成長してきたと思う。

日本サッカーチームが大好き

私はいつも日本が好き。彼らのサッカーが好き。

女子はもう優勝したよ(笑)

日本はアジアで唯一応援してるチーム。韓国は嫌い。

私もそうだよ。日本は韓国のようにずるをしてないから。

日本人は誇り高いからね。