【海外の反応】東宝への深いリスペクトを基に作られた「ゴジラ2」、海外版トレーラーの反応も上々

引用元:こちら

ハリウッドの新作「ゴジラ2」に対する海外の反応

北米で2019年5月31日に公開予定の「ゴジラ2(邦題未定、原題:Godzilla: King of the Monsters)」のトレイラーを見た海外の反応です。大興奮のファンたちの反応をまとめました。こちらの作品は、オリジナルの東宝の作品が持つ道徳性や神としての怪獣のあり方を重視して制作したとマイケル・ドハディ監督が語っており、現にそのようなメッセージをトレーラーのいたるところで目にすることができます。

「キング」に敬礼。それと同時に「虹の彼方に」はすごいトレーラーに良く合ってるね。めちゃくちゃ興奮した。

「虹の彼方に」Somewhere over the windowは、「オズの魔法使い」の中の劇中曲で、数えきれないほどカバーされてきた人気曲です。

この曲が「虹の彼方に」だとは知らなかった。

自分がこれを「虹の彼方に」だと思っただけで、本当は知らないんだ。確認してくれてありがとう。

いや、全然あってないだろ。完全にアホな選曲だよ。

これは自分の映画に対する気持ちを体現してるけどなあ。

ラドン:ゴジラ、モスラを救うんだ。
ゴジラ:…なんだって?
ラドン:いま聞いただろ。

ゴジラ:…あんた、大丈夫か?

ラドン:モスラを救うんだ…今すぐに!
ゴジラ:はあ?なんで?
ラドン:なぜなら、私がお前の父だからだ。
ゴジラ:えっ。いや、違う。ありえない…ありえない…

最後の部分は明らかにSTARWARSの5作目からの引用です。

ラドンがキングギドラの悲鳴を挙げさせたのか?33秒の部分。

ああ。ラドンは悪いやつだな。

ラドンが叫んでる方なのかも。

ラドンを殺さないことを祈るよ。あれはうちの子なんだ。チームを組んで、やっつけるでいい。

ラドンは死なないと思うけどなあ。モスラが死ぬかもあやしい。もちろん自分を犠牲にはするだろうけれども、他のモスラもいるわけだしね。

「つまり、ゴジラをペットにすると?」
 
「いいえ…」
 
「ペットに『される』のです」

ヘ ン タ イ の 極 み

渡辺謙が登場するくだりの一連のセリフです。

みんな空を飛ぶ怪獣じゃん。ゴジラを除いて。

(今は)明らかになってない怪獣を除いてね。

そうだな。でも地面から出てきたやつはどうなんだ?忘れたわけじゃないだろう。

飛べなくたって大丈夫。ゴジラは泳げるし!

くそ…私はこれを見るのをやめることができない。 私は今とてもオドオドしてる。 これは私が約10年ぶりに劇場で見る最初の映画になるだろう。もう待てない。

待ちきれない!映画製作者がゴジラをヒーローとしてのあるべき姿に戻してくれるんだ。すばらしいね!

ゴジラとモスラとラドンがともに悪い怪獣をやっつけるんだな!

こりゃいい作品になるに違いない。

日本ではまだ公開時期未定のようです。楽しみですね!