【海外の反応】韓国の犬食文化、英語圏の外国人にはどう映るのか?

2019年4月17日

引用元:こちら

【海外の反応】韓国の犬食産業の深部にオーストラリアメディアが迫る

韓国の犬肉産業とはどのようなものなのでしょうか?西洋世界では受け入れられていない犬食文化ですが、韓国も若い世代から変わりつつあるようです。そんな様子を捉えた動画に対する、海外の反応をお送りします。

もしインド文化が世界に広まっていたら、インド人は似たようなドキュメンタリー「アメリカの牛肉産業の深部に迫る」を作るだろうね。

インドでは牛は神聖な生き物です。

いいや。人道的に牛を育てることが可能だからそんなことはありえないだろう。

↑興味深いね!じゃあ、牛がどう人道的に殺されるのかを見てみよう。

いや、私が言おうとしたのは、犬肉を不道徳なものに見えるのは、西洋文化の影響だということだ。私たちがインドの文化の影響下にあるならば、牛肉を食べることも不道徳だと思うんじゃないか?

中国に犬食文化があると知られたとき=なんてこった、やめさせろ!
韓国に犬食文化があると知られたとき=ほっとけ、彼らの文化であって人間は全ての動物を食べるものなんだよ。
なるほどねえ。

西洋のメディアの印象操作のせいだと思う。

Kpopと韓国ドラマが人を洗脳してるんだろ。

↑まさにそれ。

でも中国人は犬を生きたまま煮るじゃん。

中国で撮影されたとされる、犬を生きたまま熱湯の入った大鍋に入れる動画はネット上にいくつか存在します。内容が内容なので、ここでは掲載しません。

まあこれは西洋人(とくにアメリカ人)が韓国を政治的に同盟国だと思ってるからだな。反中主義はあちこちで強いから、YoutubeとかFacebookみたいな西洋のメディアが中国に辛く当たるのは不思議じゃない。中国政府はいい仕事してるよな。

アフリカの食人族なんて人を食うのに、それもほっとかれてるよな。

牛はインドだと神聖視されてるのに、インドは最大の牛肉の輸出国という皮肉。

正確にはインドは最大ではなく、2011年には世界4位、100万トンを輸出しています。ブラジル、オーストラリア、アメリカに次ぐ規模です。

インド政府は牛肉の輸出は禁止してる。俺たちはバッファローの肉を輸出しているんだ。肉のために牛を殺してはいない。

牛はヒンドゥー教でしか神聖視されてない。インドにはヒンドゥー教以外にもいろんな宗教があって、彼らは牛肉を食べる。

牛はインドで神聖視されている。
猫はエジプトで神聖視されている。
犬はアメリカで神聖視されている。偽善者は地球を神聖視している。

牛食は中国だと犯罪だったんだ。雄牛とか牛は農業の生産手段として重要だったから。

これを見た自分はヴィーガンになりたくなった。

ヴィーガンは菜食主義者の中でも最も厳しく、あらゆる動物性蛋白質の摂取を禁じるものです。

これがもし中国についてのビデオなら、ここのコメント欄は10倍は凶暴になるんだが。

その一方のベトナム「俺たちゃ動くもんなら何でも食べるぞ」

正しい。…俺はベトナム人なんだ。いろいろ食べてきたから。

あ、でもベトナム人は猫は食べないぞ。不吉なことが起こるとされてるから。

食べ物として動物を食べるのは問題じゃないんだ。食べ物として扱って犬を虐待死させることの方がより問題だ。

肉を食べるのは好きだけど、これには同意だ。どんな動物もひどい目にあってる。もっと人道的に屠殺する手段なんてたくさんあるはずなのに。

他の食肉も虐待されてるから、ヴィーガンになるしかないのかも。でも、明らかに植物も痛みを感じるのでは?もう何もかも食べるのをやめよう。