お役立ち記事 映画

新しいゴジラ「キングオブモンスターズ」の注目ポイントは

投稿日:

ハリウッド製ゴジラ第二作目公開間近!

あらすじ

日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する姿を描く。(引用:映画.com

初期のゴジラは1954年に制作されました。その後、およそ30にものぼるゴジラ映画が製作されてきました。ゴジラがハリウッドにデビューしたのは2014年でしたが、初期作のゴジラはオープニング成績で1位を獲得し、全世界で530億もの興行収入を達成しました。

昔のゴジラ映画の注目ポイントは、「怪獣vs怪獣」であり、「アンギラス」「キングコング」「モスラ」「ラドン」「キングギドラ」「エビラ」「ヘドラ」「ガイガン」「メガロ」「メカゴジラ」…など様々な怪獣と戦ってきました。

しかし、2016年に公開されたシン・ゴジラの特徴はやはり「怪獣vs人間」という構図になっている点にあります。シン・ゴジラでは、他の怪獣は登場せず、様々な形態に変化しながら人間が住む街を破壊するゴジラに立ち向かう人間たちの映画になっています。

本作「ゴジラ キングオブモンスターズ」でも「怪獣vs人間」の戦いも描かれているようですが、メインとなるのは「怪獣vs怪獣」になりそうです。

それぞれの戦いがどうなっていくのか注目の映画になりそうです。

ゴジラ キングオブモンスターズの注目ポイント

迫力満点の怪獣同士の戦い!


公式による15秒ほどの動画なのですが、さすがにハリウッドの技術で描かれる「怪獣vs怪獣」の迫力はすごそうです。予告映像では、「ギドラvsモスラ」、「ギドラvsゴジラ」の戦いが描かれています。
また、「どの怪獣が人間を守り」「どの怪獣が脅威となるのか」というセリフが入っているので、人間に協力する側の怪獣と、人間と敵対する怪獣がいるという事が予想されそうです。

怪獣集結!


本作「ゴジラ キングオブモンスターズ」ではモンスターズという名の通り、様々な怪獣が登場します。
「モスラ」

「ラドン」

「キングギドラ」

「ゴジラ」

主題歌がカッコいい!


ALEXANDROS「Pray」が日本版の主題歌に選ばれ、5月10日にYoutubeに公開されました。Ituneの評価も5/5(49評価中)でかなりの高評価です。

“Pray” is wonderful song!
まじで神曲!

また神曲を作っている…
どういうことだ…

上記のような好意的な意見が集まっています。

非力な人間のドラマ


戦うすべを持たない人間たちにできる事は果たしてあるのか…?

ゴジラ キングオブモンスターズのまとめ

やはり一番の注目ポイントは本作で登場する「ゴジラ」「モスラ」「ラドン」「ギドラ」の怪獣大戦なのではないでしょうか?予告編を見ただけでもかなりの迫力がある事が予想される本作で勝ち残る怪獣は誰なのでしょうか?

▼ 他の海外の反応ニュースはこちら ▼

海外の反応アンテナ

管理人へのご意見などはこちらからどうぞ






-お役立ち記事, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

10兆円企業が2週間で崩壊する大災害のレシピとは?映画「エンロン」

なぜ巨大企業がわずか数週間でスキャンダルに巻き込まれ、崩壊したのかをご紹介します。

no image

「インセプション」が分かる!独特の設定を徹底解説【ネタバレなし】

「既に見た」と言う方も「これから見る」と言う方も「インセプション」をより楽しむために、その映画の設定についてご紹介します。

映画「ジョーカー」の前に!「ダークナイト」のヒース版ジョーカーは何故すばらしいのか

クリストファー・ノーラン監督作品「ダークナイト」(2008)に登場するヒース・レジャー演じるは絶賛されています。今回はなぜ絶賛されているのか、何が素晴らしいのかを皆さんにご紹介します。

できるビジネスパーソン

会社に勤めながら英語を勉強するため重要なポイント

【英語力が身につく】留学経験のある管理人が、成果の挙がる方法をご紹介 はじめに 会社勤めで英語を勉強するのは時間的に不利だと思っているでしょうか? 確かに、時間の面では不利ではあるのですが、今勉強しよ …

【社会人向け】本気で英語を独学したい!そんな時に最初にすべきことは?

英語を独学で勉強したい!けど…どうすればいいの?そんな方のために、この記事ではアメリカ留学経験のある筆者が仕事をしながらも英語を独学で、お金をかけずに継続させる方法をいくつかご紹介します。




海外の反応アンテナ
海外の反応アンテナ