YouTube お役立ち記事 ニュース

映画「ジョーカー」の前に!「ダークナイト」のヒース版ジョーカーは何故すばらしいのか

投稿日:

映画「ジョーカー」公開前に知っておきたいこと

今年の秋に上映が決まっている映画「ジョーカー」。これは今までバットマンの作品の中で描かれることが少なかった、ジョーカーの誕生秘話を描くものになっています。
しかし多くのバットマン作品の中で、これまでで最も賞賛されるジョーカーが存在することを皆さんはご存知でしょうか。
それはクリストファー・ノーラン監督作品「ダークナイト」(2008)に登場するヒース・レジャー演じるジョーカーです。彼の演技やそのキャラクターは「本当にすばらしい」とバットマンファンを超えて、さまざまな方面から絶賛されています。
今回はなぜ絶賛されているのか、何が素晴らしいのかを皆さんにご紹介します。

徹底的に作り直されたジョーカー

「ダークナイト」では監督クリストファー・ノーランの手によってジョーカーのキャラクターの造形は1から作り直されました。そのため「ダークナイト」のジョーカーはそれまでのどんな作品とも異なる存在として、バットマン史に君臨することになります。

この作品ではジョーカーは、主人公であるバットマンよりもはるかに自由な存在です。
主人公バットマンは正義の味方として、様々なルールに縛られて生きています。例えば人を殺すことができません。さらにマスクを外すことができないという大きな制約もあります。しかしその一方で、ジョーカーはずっと自由な存在です。
この作品のジョーカーには大きな目的あります。それは「究極の自由を与えて、人間が本質的に悪であることを証明したい」というものです。これは性悪説にもよく似ています。
人を自由な環境に置いてしまうとルールに縛られることがなくなり、何でもやりたいことをやるようになってしまう。つまり犯罪でも、モラルに反することでも、何でも手を出してしまうようになる。社会は混乱に陥ってしまう…こういったことは誰しもが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
それこそ人間が本質的には悪であることの証明」というのがジョーカーのやりたいことです。そして秩序を守るバットマンと対決しなければならない理由でもあります。
こう考えたノーラン監督によって、ジョーカーという存在は徹底的にキャラクターを作り直されました。そしてヒース・レジャーはジョーカー役の俳優として、その大きな期待に応えることになるのです。

細かな役作り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒース・レジャーはジョーカー役にキャスティングされた後、徹底的な役作りに挑みます。もともとヒース・レジャーは役のためには自分を追い込むことで有名な俳優でしたが、この時も徹底的に自分を追い込んでいったのです。
まずヒース・レジャーがやったのは6週間ホテルに籠って、様々な映画史上の狂気と言えるキャラクターを研究することでした。「時計仕掛けのオレンジ」に登場するキャラクターを始めとして、フィクションや、さらには現実のサイコパスのインタビューまで参考にして役作りに励んだと言われています。そしてジョーカーとしての話し方・笑い方を研究し、録音し、サイコパスの精神状況を再現するためにひたすら引きこもり続けました。このときに記した、ヒース・レジャーがジョーカーになりきって著したノート等も確認されています。
この努力が実り、ヒース・レジャーは映画史上最も偉大なジョーカーとして記憶されることになります。

造形の素晴らしさ

ヒース・レジャーは6週間に及ぶ研究の結果、完全にジョーカーになりきることに成功します。そのため役に対するこだわりは尋常ではなく、ヒース・レジャーは自分が使う小道具に対してもジョーカーらしい美学を持って臨むことになります。
代表的なのはフェイスペイントです。「ジョーカーなら自分で白粉を塗っているはず」という確信から、ヒース・レジャーはメイクアップアーティストによる完璧なメイクではなく、自分がフェイスペイントを塗ることを提案します。さらにヒース・レジャーはジョーカーであれば「塗った白粉が手についても拭くことはしない」として、撮影中も塗った白粉が手についたまま演技に挑んでいます。
現に「ダークナイト」を見ると、ジョーカーの手にはいつも白い粉がついているのがきちんと確認できます。これはヒース・レジャーの役作りに対するこだわりの表れです。
このような造形に対する細部に至るこだわりによって、ジョーカーは観客に強烈な印象を残すことになります。

実際に殴られてしまうリアルさ

さらにヒース・レジャーのこだわりは見た目だけに留まりませんでした。もちろん演技にも「ジョーカーらしさ」を追求することになります。
本物であることを追求したヒース・レジャーは、バットマン役のクリスチャン・ベールに、あるシーンで本当に殴ることを求めたのです。
それはジョーカーが逮捕され、ゴッサム市警に尋問されるシーン。ジョーカーはバットマンを執拗に追い詰め、大きなジレンマを押し付けることになります。これに激昂したバットマンがジョーカーを殴るのですが、このシーンの撮影でクリスチャン・ベールに対しヒース・レジャーは「全力で殴る」ことを要求したと言われています
なおこのシーンも当然、公開版に残されており私たちも見ることができます。

セリフまで改変してしまう


さらにヒース・レジャーのこだわりは、とどまるところを知りません。なんと脚本に書かれたセリフまで改変してしまうのです。
問題のシーンはジョーカーがバットマンと対決をするシーン。ゴッサム市警はハービー検事をおとりにして、ジョーカーをおびき出すことに成功します。その終盤、ジョーカーは自らが運転するトレーラーがバットマンの策略にはまり、トレーラーは横転。そこから這い出したジョーカーは、バットモービルにまたがるバットマンと対決することになります。
このシーンではジョーカーはバットマンに向かって「Hit Me!(轢け!)」と叫ぶのですが、これは脚本上では1回だけ言うセリフでした。しかしヒース・レジャーは何回も興奮して繰り返し言う演技をしています。これをクリストファーノーラン監督は高く評価。そのまま本編に採用されています。

随所のアドリブ


これはアドリブの1種と言えるでしたが、他にもアドリブが採用された部分はあります。最も有名なものは拘置所内のジョーカーが、自らの逮捕を祝うゴッサム市警の警官達に対して拍手をするシーンです。
このシーンではジョーカーは、不気味な笑いを浮かべながら不器用に拍手をしています。これがふとしたきっかけでカメラに撮影され、それを見たノーラン監督が感動し、そのまま本編に採用されました。

なおもう一つのアドリブとして知られているのは「終盤ジョーカーが病院を爆破する際に、一瞬立ち止まって後ろを確認する演技がヒース・レジャーのアドリブ」という説がありますが、これはれっきとしたデマです。
この説によると、もともとヒースレジャーが病院から歩いて離れるシーンには小さな爆発が続き、その後間髪を入れずに大爆発を起こして崩壊するのが脚本の筋書きだったとされています。そして本番の撮影。ビルの爆破というやり直しが効かない環境下で、機材トラブルにより爆発が一時的に止まってしまいます。一瞬、現場が緊張に包まれるなか、ヒース・レジャーはジョーカーとしてのおどけた演技を続けました。そして、それがそのまま本編に採用されたというものです(上記の映像を参照)。
確かに本編の映像を見ると不自然な爆発の小休止が違和感をもたらすのですが、これは実は最初からスタッフによって綿密に計算しつくされた動きでした。このことはブルーレイの特典映像などでも言及されています。
このシーンが実現したのはヒース・レジャーやクリストファー・ノーラン監督による入念な準備と綿密な計算の結果です。そう、素晴らしい演技と技術が一体化した映画史に残る名シーンなのです。本当にすばらしいと言わざるを得ませんね!

亡くなってしまったこと

そしてこの物語を伝説に押し上げる最も重要な要素は、皮肉にもヒース・レジャーの急死です。
ダークナイトの撮影完了後すぐにヒース・レジャーは体調の不良を訴えます。これはヒース・レジャーがダークナイトのジョーカー役にはまり込むために自分を追い込めすぎたせいでした。ヒース・レジャーは不眠症に悩まされることになります。そして彼はその後すぐ、映画の公開を待たずに睡眠薬の飲み過ぎによりこの世を去ってしまうのです
このあまりにも悲劇的な終幕が、「ダークナイト」のジョーカーを伝説の存在に押し上げることになりました。もう彼の演技を見ることは二度と出来ないのです。
そしてこのためにダークナイト版ジョーカーは、公開から10年以上が経った今でもバットマンのファン層を超えて、映画界で愛され続けています。

ダークナイト版ジョーカーのまとめ


いかがだったでしょうか、この記事では「ダークナイト」にあまり詳しくない方向けに、なぜヒース・レジャーのジョーカーが伝説の存在になったのかを解説しました。
クリストファー・ノーラン監督による綿密な脚本と、ヒース・レジャーによる文字通り命を削ってまでの迫真の演技が、このジョーカーという役をレジェントと言える域にまで高めてしまったのです。

そして今年の11月、映画「ジョーカー」にてその誕生の秘話が明らかにされます。トレイラー映像はすでに全米でおよそ5,000万回再生され、その人気ぶりと期待のほどが伺えます。
バットマンシリーズにあまり興味を持っていない方でも、映画「ジョーカー」にはバットマンがほとんど登場しない作品となる模様ですので、楽めるはずです。

この記事で興味を持たれた方はぜひ劇場に足を運んでみてください。映画「ジョーカー」は2019年11月に日本で公開予定です。

▼ 他の海外の反応ニュースはこちら ▼

海外の反応アンテナ

管理人へのご意見などはこちらからどうぞ




-YouTube, お役立ち記事, ニュース

執筆者:

関連記事

【海外の反応】ハローキティがまさかのガンダムとコラボ!破壊力の高すぎる衝撃映像がこちら

2019年3月28日に発表された、ハローキティとガンダムのコラボ。その衝撃的すぎる姿に外国人も驚きが隠せないようです…。海外の反応をお送りします。

【韓国の反応】日本と韓国の男子高校生の違いとは?韓国人による解説動画

日本人と韓国人の男子高校生の違いを紹介する動画です。日本人の方が彼女に厳しい、韓国よりも愛国心がない、そして日本の高校生は席を老人に譲らない、などかなり日本に厳し目の指摘が多いです。韓国の反応をお送りします。

【海外の反応】曲がるスマホ、Galaxy Foldの発表動画に英語圏は若干冷ややかなコメント

こちらの動画はサムスン電子が発表した、画面が二つに折れるスマホGalaxy Foldのリリース用動画です。が、主に英語圏からのコメントはどうやら皮肉たっぷりで書き込まれているようです…海外の反応をご覧ください。

【海外の反応】海外「ロケットが好きすぎて自分を抑えられないんだ」北朝鮮が日本海に短距離ミサイルを発射

北朝鮮は7月26日、日本海側に向けて25日早朝に短距離ミサイル2発を発射しました。6月にトランプ大統領が金正恩朝鮮労働党委員長と会談して以来初の発射となります。

【韓国の反応】日本を紹介する動画に韓国人「日本は偽ニュースの国」

日本大学の教授が日本の自殺率、GMO、ペットなど日本の色々を紹介する動画です。その動画を見た韓国人の反応を紹介します。


海外の反応アンテナ
海外の反応アンテナ