YouTube お役立ち記事 ニュース

映画「小さな恋のうた」公開前に知っておきたいあらすじ・見どころのまとめ!

投稿日:

MONGOL800の楽曲をモチーフにした新作「小さな恋のうた」

ロックバンドMONGOL800の楽曲「小さな恋のうた」は、平成で最も歌われたカラオケランキングの男性アーティストによる楽曲で一位に輝いた曲です。
映画「小さな恋のうた」は、そんな誰もが知る楽曲をモチーフにした映画で、
その公開日が5月24日(金)と間近に迫ってきました

予告編に「楽曲に隠された、知られざるメッセージ」という言葉が出てくるのですが、超有名バンドでありながら、メディア露出が少なく、曲の意味も本人たちの口からはあまり明らかにはされていない…

『MONGOL800の楽曲に込められた知られざるメッセージを導き出し』
(公式サイトより)

8年間にも及んだ制作期間を経た本作品の中で、楽曲「小さな恋のうた」に込められたメッセージがどのように表現されているのでしょうか。

映画「小さな恋のうた」のあらすじ

沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる―。(公式サイトより引用)

舞台はもちろんMONGOL800の結成の地である沖縄!
MONGOL800は、元々ボーカルも入れて4人である事や、高校生バンドがプロデビュー、舞台が沖縄…
楽曲「小さな恋のうた」をモチーフにした本作は、共通点が非常に多くMONGOL800の過去を見るような視点でみれる部分もあるかもしれません。
また、作中にはMONGOL800のメンバーも出演します

また、予告編で、「小さな恋?」と2度問いかけるシーンが印象的な米軍基地に住む少女は、ストーリーの中ではどのように関わってくるのでしょうか。

そもそも楽曲「小さな恋のうた」とは?

「ほら あなたにとって大事な人ほどすぐそばにいる」というフレーズが有名な、「小さな恋のうた」は2001年9月16日にリリースされた「MESSAGE」というアルバムに収録されている楽曲です。
特にカラオケではオリコンカラオケチャートで14週連続で2位を達成しました。

バンド名は「MONGOL800」と呼ばれ、通称「モンパチ」です。
メンバーは3人が全員が同じ高校の同級生で構成されており、演奏もエレキギター、ベース、ドラムしか使わないというシンプルな構成です。
ちなみに、バンド名とモンゴルとの関係はないそうです。

彼らは、「日常の中にある大切なものを歌うこと」をやりたいと述べていたのですが、楽曲「小さな恋のうた」はそれを代弁するような歌詞です。

映画「小さな恋のうた」の監督・俳優は?

橋下光二郎

監督は、「羊と鋼の森」の橋下光二郎であり、代表作は、「orange」「羊と鋼の森」「雪の華」です。
映画「雪の華」は誰もが知る中島美嘉の名曲「雪の華」をモチーフにして作られた作品で、映画「小さな恋のうた」も同系統の作品と捉えることもできます。

sano hayato

本作品の主演は、佐野勇斗です。
若手男性アーティスト集団EBiDANのEBiDAN39メンバーであり、7人組ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーであり、テレビドラマ「トドメの接吻」、や 映画「羊と鋼の森」の橋下光二郎作品にも出演した過去があります。

その他出演メンバー

● 森永悠希
主演の佐野と同様、映画「羊と鋼の森」に出演しており、その他には百人一首を題材とした人気アニメをモチーフにした映画「ちはやふる」にも出演しています。

● 山田杏奈

yamada annna

「ミスミソウ」「幸色のワンルーム」で主演をつとめた実力派の俳優です。

● 眞栄田郷敦
2018年に芸能界入りしたばかりの新人俳優で、本作映画「小さな恋のうた」が初のデビュー作品になります。しかし、あの俳優の千葉真一を父に、新田真剣佑が兄という役者家系であるので、本作での活躍が期待されます。

● 鈴木仁
映画「斉木楠雄のΨ難」やドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に出演した過去のある俳優です。

映画「小さな恋のうた」の見どころは?

作品そのものの魅力もあるのですが、楽曲をモチーフにした作品という事もあり、映画「雪の華」と同様、「小さな恋のうた」という楽曲に込められたメッセージが映画でどう表現されているのかが特に注目するポイントなのではないでしょうか。

そして、特にMONGOL800は知名度の割にメディア露出が少なく、歌詞のメッセージが明らかにされていないので、この映画から見えてくる歌に込められた『知られざるメッセージ』がどのようなものなのかが見どころです。

映画「小さな恋のうた」のまとめ

MONGOL800の有名な曲をモチーフにした映画である映画「小さな恋のうた」は、本人たちや楽曲「小さな恋のうた」がイメージされる部分が多々散りばめられている映画となっています。
楽曲に込められた『メッセージ』を知りたい方は是非ご覧になってみてください。

▼ 他の海外の反応ニュースはこちら ▼

海外の反応アンテナ




-YouTube, お役立ち記事, ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【海外の反応】ロシア空軍に対し、自衛隊が(いつもの)スクランブル発進

日本の自衛隊は年に数百回ものスクランブル発進を行っています。平成29年度は904回でした。その中でも2019/2/15のスクランブル発進が海外でコメントを集めていたので海外の反応をお送りします。

オ・シンファン

【韓国の反応】韓国人「この法案は…韓国オワタ」【ファストトラック】

野党の反対で現状止まってしまっている法案を、ファストトラック(国会の法案処理が無制限に漂流することを防ぎ、法案の迅速処理を図るための制度)を利用して無理に進めようとしてしまっています。

【海外の反応】初投稿で2000万回再生突破が目前に!ずっと真夜中でいいのに。「秒針を噛む」MV

2018年6月に始めて動画をアップロードし、それ以降SNSなどで話題になった謎のバンド「ずっと真夜中でいいのに。」は、平成最後の新人とも言われるほど多くの人から注目を集めています。ついに今回、再生回数が2000万回に達しそうになっていたので、その中から主に英語のコメントによる反応をお届けします。

【海外の反応】2018年日本の自殺者数は37年ぶりの最低値、9年連続で減少

【海外の反応】抑圧された世界を描く日本の自主制作CGアニメが2000万再生!「CHILDREN」

こちらは名古屋市中村区の専門学校、トライデントコンピュータ専門学校が制作した自主制作CGアニメ「CHILDREN」です。なんとYoutubeで2000万再生近く(2019/3の記事執筆時)を達成しており、そのシンプルなメッセージは海を超えて国外にも広がっているようです。今回はその反応をご紹介します。