お役立ち記事

【社会人向け】本気で英語を独学したい!そんな時に最初にすべきことは?

投稿日:2019年3月7日 更新日:

本気で英語を独学でやりたい!けれど…


英語を独学で勉強したい!けど…どうすればいいの?

一体周りの人や先輩はどうやって勉強したんだろう?

…そう思っている方は多いのではないかと思います。
管理人もそう思っていた時期がありました。

この記事ではアメリカ留学経験のある筆者が個人的な経験談などを交えつつ、忙しく仕事をしながらも
英語を独学で、なるべくお金をかけずに継続させる方法をいくつかご紹介します。

1.英語の勉強に職場を巻き込む

And the best part is that many employers will pay for you to have English classes onsite or online—ask your boss if there are any current opportunities for you to improve your English.
そして最高なことに、多くの会社は塾もしくはオンラインで英語の授業を受けさせるためにお金を払うのです。 自分の英語を上達させる機会が会社にないのか、上司に尋ねてみましょう。引用元(英語)

こちらのサイトでは、職場をうまく巻き込んで勉強する方法を紹介しています。
その中で真っ先に挙げられているのがこちらの項目。
そう、社会人の独学で一番の正攻法は会社を巻き込むことです。

海外に事業所があったり、出張がある企業はたいてい、社員に英語を学ぶことを推奨しています。
ゆえに、英語塾に通うと補助が出るような福祉制度もあるものです。

会社にそのような制度がないか、簡単に調べてみましょう。
また信頼できる上司や同僚に相談するというのも手です。

勉強のために早く帰る日を認めてもらったり、
集中できる場所・勉強法を教えてもらったり、
夜空いている会議室やスペースを勉強のために使わせて貰える

こういったことがあるかもしれません。
早く帰って勉強する

もしデスクに自由に本が置けるなら、英語の本を置いてしまうこともできます。
信頼のおける文法の本を置きましょう。少し英語でメールを書く時などに
参照できるものがあると助かりますよね。

読まないとしても、ひょっとしたら本を置くだけで勉強熱心な人間だと思って貰えるかもしれません。

とにかく、職場の人間関係をうまく使いましょう
頼れる人はどんどん頼りましょう。

2.いつでも見れるところに、よく使う英語文例集を作る

簡単なメールの書き出しや、いつも送っている催促のメールなどは、だいたい書いていることは一緒ですよね?
そういった、いつも使う文例集はどこでもいつでも見れる形で書き留めておきましょう

筆者のオススメはメールの下書き機能です。
その中にいくつかの文を英語で書いて、保存しておきましょう。

簡単な文なら、ネットでそのまま検索するだけで完璧な英文がいくつも見つかります
同じ意味でも表現にはいくつかのバリエーションがあるものなので、それも保存しておきましょう。

■よく使う表現メモ
ご理解いただきありがとうございます。
Thank you for your understanding and cooperation.
We appreciate your understanding and cooperation.
We are grateful for your understanding and cooperation.

これは一例ですが、このような形で保存しておくと英語を書くのがとても早くなります。
しかも英語は同じ表現の繰り返しを嫌うので、いくつも表現を知っておくと何かと便利です。
語彙力もつきます。

しかもこの方法は別にメールを書く時に限った話ではありません。
例えば調べてもよく分からなかった表現や、確信が持てない表現なども書いておきましょう。

■よく分からない文章メモ
I believe whatever doesn’t kill you simply makes you …stranger

ちなみに上記の文章は、2008年の映画「ダークナイト」の一節です。
意味が気になる方は調べてみましょう。

とにかくこのような形で保存しておき、誰か分かる人に後日聞いてみましょう。
筆者もこれをやっていたのでオススメです。

3.身近なモノ・コトを英語にする

単純ですが、これも効果があります。
手始めに、まずスマホからやりましょう。
スマホの言語設定から、表示言語を英語にしてしまうのです。

普段見ているアプリやサイトの中身は日本語のままなので、問題ありません。
使い慣れているアプリなら英語でもどのボタンが何なのか分かるので、そこまで不便でもないはずです。

スマホのように普段から目にするものを英語にするのは、意識的にも非常によいことです。
時々、「英語だとこういう表現になるの?」というものが見つかるからです。

自分が知らなかった表現を知ったということは、学習したということなので喜びましょう。
そういった機会をどんどん増やしていくことが英語学習の近道です。

このアプローチが使えるのは、スマホだけではありません

  • 映画やゲームが好きなら、英語字幕にして見るだけでも効果があります。
  • 音楽が好きなら、通勤時間に英語の歌詞を見ながら通勤すると時間もあっという間です。
  • ネットの国際ニュースを原文で少しだけ読むのも効果的です。全文を読める必要はありません、気になったところだけ読みましょう。
  • お風呂でのイメージトレーニングも有効です。自分がプレゼンをしているかのように、毎日お風呂で独り言で英語を話してみましょう。

とにかく、自分の時間をどれだけ英語に変換できるかが肝になります。
どんどん身近なもの、普段から見るものを英語にしていきましょう。

ちなみに私が知っている中で最も極端な例では、恋人を英語ネイティブにしてしまった例がありました。
知り合いの中で二人いるのですが、二人ともメキメキと英語力をつけていき、一人はなんと結婚して
現在は太平洋の向こう側で暮らしています。

交際相手を英語話者にしてしまうのは極端な例ですが、発想は同じです。
筆者も留学先で「一番英語を上達させたいなら英語話者の恋人を作れ」とよく言われました。
これはほぼ成果が出ると言っても過言ではないほど、非常に有効なアプローチなのです。

まずは一歩、スマホから英語に変えてみましょう。

4.英語勉強の目標をBHAGにする

BHAG(ビーハグ)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
これは経営学の用語で、Big Hairy Audacious Goals(略してBHAG)、「社運を賭けた大きな挑戦」のことです。

英語の学習なのに経営学なんか関係ないだろう、と思ったあなた。
実はBHAGは英語学習にも大いに役立つ考え方なのです。

この言葉の初出は経営学の名著「ビジョナリー・カンパニー」です。
この本では成功した企業にすべてBHAG、すなわち「社運を賭けた大きな挑戦」があったと結論付けています。

このBHAGの最も有名な例は、1960年代にアメリカ政府が掲げた「1970年までに月に人を送る」だと言われています。
当時、宇宙開発競争でソ連に負けていたアメリカは、なんとかして宇宙開発に負けじと壮大な目標を打ち立てたのです。
この目標を立てた時は、生きた人間を月に送って帰還させるのは技術的に不可能でした。

ところが、アメリカ政府は科学的な懸念材料を一つづつ潰していき、関係者を一人づつ説得し、投資を惜しみませんでした。
その結果が、あの歴史に残る月面着陸の瞬間なのです。

この「人を月に送る」という目標は、その目標そのものがわくわくするものだったと言われています。
さらにとても単純で、目標が達成できたのか、出来なかったのかも一瞬で判断できます。
例えば70年までに人を月に送れなかった場合はそのまま失敗になります。

英語学習でも、似たようなBHAGを作りましょう。

BHAGの条件
1.目標そのものがワクワクするものである
 TOEICで900点を達成する 
◯ 英語でビジネスのプレゼンができる、マネジメントができる…等 

2.出来たか、出来なかったのか一瞬で判断できる
✕ 海外赴任の時までに 
◯ 35歳までに、3年後までに…等

  • BHAGでない目標の例
    ✕ 数年以内にやって来る海外出張の時までにTOEIC900点を取る
    ✕ 英語のプレゼンで困らないようになる

    → TOEIC900点を取りたいから英語を勉強したいのではありません
      (もっと大きな目的があるはずです)
    → 「数年以内」「英語のプレゼン」があいまい
  • BHAGな目標の例
    ◯ 40歳までに海外で英語ネイティブの部下をマネジメントできる
    ◯ 3年後、ニューヨークのオフィスの幹部の前で英語プレゼンができる

    → マネジメント、ニューヨークでの英語プレゼンなどわくわくする目標
    → 「40歳までに」「3年後」など具体的で成果が分かる

目標をBHAGにしましょう。

夢は大きく、成果がすぐに分かる形にすること。
そしてそこに人生を賭けてみることです。

5.毎日、英語を独学するための時間を強制的に設ける

できるビジネスパーソン

今までやり方について挙げてきましたが、最も効果的なのはこれです。
どんなに忙しくても、毎日勉強するのです
一週間に一度、週末にやるのでは意味がありません。30分でもよいので毎日英語に触れましょう。

私の知り合いに、とある都市銀行で出世コースに乗った人がいました。
彼は当然ながら非常に忙しく、英語を勉強する時間などないように思われました。

ところが、彼は毎日1時間は同じ時間に英語を勉強すると心に決め、それを忠実に実行したのです。
決めた時間は毎日午後10時から11時。
どんなに疲れていても、帰宅途中でも(!)、電車から降りてカフェに入って勉強しました
飲み会の日は勉強時間を朝にずらして勉強しました。

これをなんと3年ほど続けたそうです。
彼は今、社費留学制度を使ってアメリカの某有名私大のMBAのコースにいます。

私も勉強には時間を使っていました。
毎日一時間、始業時間よりも早く来て勉強。
これで飲み会のある日も最低1時間は勉強時間が確保できます。

そして仕事はなるべく早く終わらせ、午後8時から10時半まで勉強。
これで毎日最低1時間、仕事が終わった日や飲み会がない日は3時間半勉強できます。

しかし経験上、これでもヌルい方だと思います。
私の知り合いには、定時(9-18時)で仕事をしながら夜2時まで起きて勉強している人もいます。
彼は毎日勉強を最低5時間はやっているそうです。

時間を設けるコツは、とにかく言い訳せずに一ヶ月続けてみることです。
一ヶ月経つと、やらないのが不自然になります。

それと性格にもよりますが、周囲に勉強する人がいるところで勉強することもオススメします。
私の場合、家では全く手がつけられなかったのでカフェに行ってやりました。

カフェに行くとみんな勉強しており、「ああ、みんな頑張ってるな」と
仲間意識を持って頑張ることができます。

スマホなんか見ている場合ではありません。勉強です。
そうなると毎日1時間はあっという間です。

こんな話を聞くと「自分には無理だ…」と思われるかもしれませんが、
世の中の人間は皆、このくらいやっています。
そして時間をかけないと英語はうまくなりません。

(もちろん、やたら時間をかければいいという訳ではありませんが)

時間をまずは毎日1時間とってみる
そこから初めてみてはいかがでしょうか。

結論:英語を本気で独学で勉強するためには?

英語に触れる量をどうにかして確保する、これが一番重要です。
英語に触れる量なしに上達はありえません。

本気で英語をやるなら、触れるだけの時間をどう確保するか?
これが本当に重要になってくる問いです。
英語学習で失敗している人は、この問いに答えられなかった人です。

この問いに確たる答えはありません。
絶対に成功するメソッドは存在しません。
人によって答えは違います。

ですが、答えを探すのは一人でなくてもよいはずです。
例えば経験者や、英語学習のプロに時間の使い方をアドバイスして貰えればいいですよね。

ちなみに、そのようなサービスは既にあります。

↓↓まずは無料の個別相談会(オンライン)から↓↓

産経Online英会話

上記のプログラムがどんなものなのかは以下の記事で紹介しています。

【英語力が身につく】留学経験のある管理人が、成果の挙がる方法をご紹介

簡単にご紹介すると、

時間の確保の仕方なんて分からない…
やるにしても効率的な学習方法を教えて欲しい…
誰かと一緒にやらないとこんなことできない…

そんな方のためのサービスです。

通常の英会話に加え、社会人向けに勉強時間のプランニングまでしてくれるサービスなのです。
忙しく、時間を確保できないとしても、専門のコンサルタントが効率的な学習方法から
オンライン受講の予約まで入れてしまうというものです。

困ったことがあればコンサルタントに相談もできます。
さらに、受講そのものはオンラインなので時間を取られすぎることもありません。

社会人向けのビジネス英語を効率よく学びたい方はこちら

留学経験のある管理人おすすめの方法です。
無料相談もできます。

若干話がそれましたが、
サラリーマンの英語学習には時間の確保がもっとも重要です。
勉強にかけた時間だけ上達します。
これは繰り返しになりますが、本当に重要なことです。

ぜひ、皆さんも英語を勉強する習慣をつけましょう。

▼ 他の海外の反応ニュースはこちら ▼

海外の反応アンテナ




-お役立ち記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

新しいゴジラ「キングオブモンスターズ」の注目ポイントは

ハリウッド製ゴジラ第二作目公開間近! あらすじ 日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、 …

できるビジネスパーソン

会社に勤めながら英語を勉強するため重要なポイント

【英語力が身につく】留学経験のある管理人が、成果の挙がる方法をご紹介 はじめに 会社勤めで英語を勉強するのは時間的に不利だと思っているでしょうか? 確かに、時間の面では不利ではあるのですが、今勉強しよ …

10兆円企業が2週間で崩壊する大災害のレシピとは?映画「エンロン」

なぜ巨大企業がわずか数週間でスキャンダルに巻き込まれ、崩壊したのかをご紹介します。

大ヒットホラー映画「IT」の予告編がついに公開!海外の反応は?

映画「IT」ついに完結 映画「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」の予告編が5月10日に公開されました。映画の公開は11月1日が予定されています。 あらすじ 続編となる本作では …

ウルフ・オブ・ウォールストリートから学べる、成功するための秘訣とは?

この記事では「ウルフ・オブ・ウォールストリート」から学べる、いくつかの教訓をご紹介します!人生をポジティブな方向に持って行く、いくつかのヒントが得られるかもしれません…。